FC2ブログ

オンライン大三千世界(FF14と信on)と現実の世界を飛び回るブログです。FF14と信on両方の人とお友達になれたらと思います。

# 新規拡張パック「イメージビジュアルモデル募集」

今、信長の野望Onlineでは、#信On新規拡張パックモデル募集というイベントが開催されています。

月夜に

どういうイベントか簡単にご説明いたしますと、現在開発中の新規拡張パックのイメージビジュアルに、自分のキャラクターが採用されるかもしれない、というものです。

<<詳しくはこちらをご覧ください。>>

信長の野望Onlineは歴史のあるMMOです。その歴史は、なんと先日15周年を迎えたほどです。
私も、15年丸ごととはいきませんが、それでも長くこのタイトルに愛着を持っている者の1人です。
そのパッケージに、頑張れば自分のキャラクターが使われるかもしれない、というお話です。

信長の野望Onlineのみならず、何か好きなMMOがある方には、その魅力が解っていただけるのでは無いでしょうか?

私も、頑張って登録しました。
しかも、2枚も応募しました。

1枚目がこちらの、いつものお気に入りの装備です。
無双かつら
ですが、先ほどのリンク先のページをよく読んでいただくと解るように、今回の応募でコラポ装備を付けていると選考の対象外となることがあるそうです。
必ず、選考外となる訳ではないようなのが悩ましい所です。

なので、もう1パターン応募しておきます。
烏帽子
私がこのブログを書き始める前、つまり引退する前にゲームを遊んでた頃は、ずっとこの烏帽子スタイルでした。
私が、ゲームを始めた頃、右も左も、MMOの事も、チャットの事も知らずにゲームを始めた頃に、右往左往している私を見かねて、ある方が生産品の烏帽子をくださったのです。
それから、私はずっと烏帽子装備でした。
その装備の能力が付いていけなくなって、頭の装備が代替わりして、2代目、3代目、4代目と、どんどん更新されていっても、ずっと烏帽子を装備していました。
今の無双かつらも、既に愛着のあるスタイルですが、この烏帽子は私のMMOの原点です。
人と、モニターの向こうで触れ合った証のスタイルです。

少し昔を思い出しました。
さて、こういう写真を撮る時の私がしている工夫を少しご紹介したいと思います。

ここがその写真を撮った場所です。
スタジオ

ここは、私の武家屋敷の中です。
武家屋敷は、家具を自由に配置できるので、こういった写真を撮るのには最適です。
たとえば、この小壁です。
小壁です

信長の野望にもカメラの距離設定が決められます。
[画面設定]の[カメラ距離設定]で変更できます。でも、この設定は結構大雑把です。
それでは物足りない、もっと位置を調整したいということもあると思います。
そういう場合、色々な壁際にいってカメラ位置を調整してらっゃる方も多いのではないでしょうか?

しかし、武家屋敷ではその逆ができます。
そう、壁を持ってくるのです。
これで自分の好きな位置にカメラを持ってくることができます。

もうひとつの工夫がこちらの飾り人形です。
飾り人形
この飾り人形は、視線位置の調整に使います。
別に、飾り人形でなくても構わないのです。
タゲれるものであればなんでも大丈夫です。
これを利用すると、キャラクターの視線の位置のコントロールができます。

例えば、これが普通の待機モーションです。
ほぼ正面を向いています。
正面

しかし、先ほどの飾り人形をターゲットにして写真を撮ると・・・
横顔
ちゃんと、横顔になります。
こういう視線の変化で、写真にも表情を持たせたりすることも可能なのではないでしょうか?

実は、これらの工夫は、2アカウント以上お持ちの方はもっと簡単にできます。
カメラ位置など、別のキャラクターで撮れば一切悩むこともありません。
でも、1アカウントの人も色々楽しみたいですよね^^

もし、上記のような写真の撮り方などでお悩みの方がいらっしゃれば、この記事が何かのお役に立てれば幸いです。
他にも、「こんな」工夫をしてますよ。」というようなことありましたら、是非ご教授頂きたいです。

どうぞよろしくお願いいたします^^

↓「イメージビジュアルモデル募集」キャンペーンは8月19日までです。
ご応募がまだの方、歴史に名前が残るチャンスかもしれません。
よろしければ、ご検討ください^^
もしよろしければ、クリックして頂けるととても嬉しいです。

にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:信長の野望Online ~天下夢幻の章~ - ジャンル:オンラインゲーム

# 【FF14】羊をめぐる冒険

私のエオルゼアの冒険は、アジムステップで佳境を迎えています。
迎えています・・・というのは予想です。
多分、良い所まで来ていると思います^^

今日は、この羊飼いさんの手からはぐれてしまった羊を捕まえるクエストです。
ステップで

丸々っとしていますね。
・・・話しかけても捕まえられません。
どうやって捕まえるんでしたっけ?
羊を捕まえたい

色々とエモートをしながら考えます。
ああ、吹き矢で狙撃するんでしたね?
よしよし

どうやって狙撃するんでしたっけ?
色々と同時押ししてみたり、主観モードにしてみたりしますが吹き矢が出てきません。
アイテム欄にももちろん吹き矢はありません。
羊にエモート

戦闘モードにしてみたり、エモートを試して見たり
思いつくことを全部試して見ましたが、吹き矢が撃てません。
もう1時間はその場で試行錯誤していたでしょうか。

諦めかけて周囲を見渡した時、ここの地点が目に入りました。
ああ、ひつじじゃなくて、少し離れた「指定地点」を調べたら良かったんですね。
完全に忘れていました。
ここでした・・・

そういえば、前に狙撃したのもずっと前です。
その時の事を忘れていたばかりに、本当に無駄な時間を使ってしまいました。

狙撃は、狙えば簡単です。
狙撃
見事に一撃で仕留めることができました。

羊さんもぐっすりと眠っています。
ぐっすり

正直、眠らせなくても簡単に捕まえられそうに見えるのですが、それを言ってはいけないんでしょうね。
捕獲成功

このクエストは、このエリアで空を飛ぶ為に絶対必要なクエストです。
皆さんは、この羊さんをすんなり捕まえられましたか??
こんな詰まり方をしてしまったのは私だけでしょうか?

もし他にもそんな方がいらっしゃれば、ちょっと慰めになるのですが^

大切なクエストはこれで終わりのはずです。
ストーリーも先に進められそうです。

あまり、というか全然褒められた攻略スピードではありませんが、マイペースに楽しんでいこうと思います。

↓アジムステップに入ってからの旅の雰囲気、かなり好きです。
もしよろしければ、クリックして頂けるととても嬉しいです。

にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村

テーマ:FINAL FANTASY XIV - ジャンル:オンラインゲーム

# ゆっくりと育成を再開しました。が・・・・

ゆっくりと信長の野望Onlineの育成も再始動しております。

最近の私の出現エリアは、ここ星野山千尋窟の地下6階です。
星野山6階

私はいつも1アカウントで行動しています。
なのでお供エリアが使えて気軽に狩りに行けるこのエリアはとても重宝しています。
やっぱり昼間のログインですと、なかなか徒党の募集はありません。
(あっても、実はそれがどういう所にいく募集か、よく解らないので参加を躊躇ってしまってしまっています。)
こういう状況ですと、ソロで気軽に行けて、しかも成長要素がある星野山はとてもありがたいです。

今日もNPCと一緒に、狩りを続けます。
弱い敵をたくさん

敵はだいたい、1、2回行動する間に倒れます。
強くないので、ながら作業でも安心です。
私は、こういうコツコツと経験値を溜める作業が結構好きです^^

とはいっても、最近始めたばかりですのでまだまだそんなに強化は進んでいませんが。
籠手成長中
今腕力を数点上げてもそれ程効果は出ないのかな、とは思うのですが、やはり神典として腕力は拘りたいポイントです。

いわゆる中ボス的な存在もいますが、やっぱり強く在りません。
犬神

ここは、アクティブな敵も少なく、倒したい敵を倒したいだけ倒せます。
離席するのもログアウトするのも危険が無く、ストレスフリーでいられるソロの天国です。

今の私は、つまりぬるま湯の中にどっぷりと浸かって、完全に鈍っている状態です^^
これは、軍神謙信公の家臣としてはあるまじき状態ですね。

ちなみに、フロアのボスにもお会いしますが・・・・
この敵は・・・・

瞬殺されます^^
1ターンで盾が崩壊します。
一矢報いることも出来ません。

勝てない戦い

我ながら困った神典だと思います。
こんなでは、来る天下分け目の決戦で他の方の足を引っ張ってしまいそうです。

どなたか、ソロで弱い者いじめをしている神典を見かけたら
そして、その日、足手まといでも徒党に参加させても良いな、という心の余裕がおありでしたら
宜しければ、旧世代で記憶喪失気味な神典を1人、徒党に加えて頂けるととても嬉しいです^^

↓でも、なんとなく行き先に困った時にはとりあえずここに居たら遊べるのは、やっぱり便利ですよね。
もしよろしければ、クリックして頂けるととても嬉しいです。

にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村

テーマ:信長の野望Online ~天下夢幻の章~ - ジャンル:オンラインゲーム

# 10万回分のありがとうの気持ちを込めて

実は、結構今更な感もあるのですが、思い切って記事にしてみました。

このブログは、2016年4月から書き始めています。
最近、しばらくお休みしていたのですが、そのお休みの間に、このブログを訪れて頂いた方のカウンターが10万件に達していました。


花火

お休みの中にも時々覗きに来てくださっていた方がいたみたいです。
本当にありがとうございました。
気が付いたのが少し後だったので、カウンターは10万を少し超えています。

人数

その間、信長の野望Onlineの事から始まり、沢山の事を記事にしてきました。
ジャンヌ・ダルクの事や、旅行の事も書きました。
ジャンヌ・ダルクの事を知るのは、きっと私の一生のテーマです。
一生飽きずに追いていられる予感がします。
私は、この旗に宿る意思が大好きなのです。

ジャンヌの旗

パンダの事を書いた日もあります。
最初は毎日書いていたので、どんなことでも書かないと更新が滞ってしまう、等と思っていました。

座りパンダ

好奇心から色々手を出したゲームの事も書きました。
モンスターハンターワールドの世界は本当に魅力的で、オンラインゲームのログイン時間が減ってしまうほどでした。

広い世界

武器はスラッシュアックス、物語はテオテスカトルを倒すあたりです。
いつか、冒険を再開させなくてはいけません。

冒険の始まり

もともと内向的な私は、それでもこのブログを書いている事で、少し変わったのかな、という気がします。
本来なら、きっと知り合わなかっただろうな、という方達ともゲームはブログを通じてお話することができました。
これは、私がこのブログを書いていて一番嬉しかった変化です。

さすが店長

それぞれの世界には、それぞれの世界の事を大好きな人たちがいて、一緒に遊んでいます。
私たちは、ボタン1つでその世界に繋がって、一緒に楽しい時間を過ごすことが出来ます。

集合

それは、なんて楽しい世界なのだろうと思います。

ギルド

それって、別にゲームの世界だけではありません。
世界には境界なんてありません。
お料理途中

楽しい事、嬉しい事、親切な人の善意、世界を見渡せはそういったものは確実に見ることが出来ます。
歌
そういった見方ができるようになったのも、色々と日頃から親切な言葉をかけてくださる皆さんのお陰だと思っています。

この機会にしっかりお礼を述べたいと思い記事を書きました。
10万回の訪問頂いた全ての皆さん、ありがとうございました。

・・・・10万回のうち、いったい何回自分が回したんだ、という疑問は禁句ですよ?

↓本当にありがとうございました。
もしよろしければ、クリックして頂けるととても嬉しいです。

にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村

# 小さな画面の中で繋がった、とあるギルドのお話です。

今日は、とあるスマートフォンのゲームのお話です。
私が最近スマートフォンで遊んでいるゲームは「キングスレイド」という名前のRPGです。

スタート

このゲームは、正統派な感じのファンタジーRPGです。
よくあるゲームのようにキャラクターのガチャガチャはありません。
装備のガチャガチャはありますが、だいたいの装備は課金でなくても揃えることができますし、最高峰の武器も無課金でも手に入れることが出来る絶妙なバランスになっています。

キャラクターはレベル制で、最高レベルになるには結構な数の戦闘を乗り越えて経験値を溜めて行かなくてはなりません。
言い換えれば、延々と経験値稼ぎをして、キャラクターを強くしていくことが出来る、コツコツ派にはたまらないゲームだと思っています。
戦闘1

巨大なボスも居て、最高レベルになってもまだまた強くなる余地が沢山あります。
戦闘中のスキルも良いテンポで繰り出され、なかなか飽きることがありません。

ボス2
もちろん飽きたとしてもオート戦闘の機能があるので、作業しながら放置することが出来ます。
オート戦闘にしておいて、作業に没頭した後、気が付いたらキャラクターが強くなっているのを見る時、何故か幸せを感じてしまいます。
こういう感覚、解る方いらっしゃいますか?

私のお気に入りは、このスカーレットさんです。
スカーレット

凛々しい表情、大きな大剣を勇敢に振るう姿。
しかも、専用装備が旗です。
まるで、ジャンヌ・ダルクを彷彿とさせます。

私は、外で空き時間があればこのゲームのレベル上げをしてしまいます。
空き時間、というと嘘になるかもしれません。私は、移動中も含めて出来る限りこゲームを起動しています。(ほぼ放置かオートのレベル上げですが。)
おかげで最近のスマートフォンのバッテリー残量は、常に悲鳴を上げています。

さて、このゲームにはギルドというものがあります。
大体どんなゲームにもありますよね?
ギルド、クラン、一門、FC・・・・
仲良くなった皆が集まる、サークルのような存在です。

私も、このゲームでとあるギルドにお世話になっています。
ギルド

今日は、そこで感じたことを少し書き記したいと思います。
スマートフォンのゲームは、人の流動が激しいです。
基本料無料で、月額ではありませんし、他にもゲームアプリは沢山あります。
飽きたら、すっと、無言でいなくなる方が沢山いらっしゃいます。

そんな環境でギルドを運営するというのは、並大抵の手間ではありません。
人は、必ず一定の割合で減っていってしまいます。
止める努力は出来ても決して0にはなりません。

ギルドマスターの方は、ご自分で勧誘したメンバーを見て、ログインしなくなったメンバーを定期的に整理しないといけません。
そうしないと、新しい人は入れないのです。
それをしないと、やがてメンバーの中のログインしなくなった人の割合が大きくなりすぎてギルドの活気が失われてしまうのです。
それでも、自分でメンバーを除名しないといけないその作業は、とても切ない物だと思います。

仲間1

ギルドの活動方針も定めなくてはいけません。
攻略にどのくらいの力を注ぐのか。活動ノルマのようなものは課すのか。
何も無いと緊張感が失われるし、厳し過ぎるとついてこれない人が出てきます。
程よい匙加減が必要になります。

私は、幸いにも良いギルドに誘って頂き、楽しい時間を過ごすことが出来ました。
時々連れて行って頂いた強敵との戦闘は、本当に緊張感のある楽しい時間で、これがスマートフォンのゲームである事を忘れていました。
ドラゴン

そんな楽しいギルドですが、残念ながらギルドマスターの方が活動を停止されることになりました。
私は、この終わり方にもとても感銘をうけました。

こういったゲームでは、前述したようにいつの間にかログインしなくなった、というような終わり方がとても多い割合を占めます。
ギルドのマスターさんもその傾向はあります。
ゲームは余暇を過ごす手段ですから、いつかは必ず終わりを迎えます。

しかし、今のギルドマスターさんは、きちんと「ここまで」と決めて、しっかりと皆に引退を宣言され、ギルドの今後をどうするかを話し合う機会を設けて下さったのです。
これは、当たり前の事のように思えて中々できることではありません。
既にある程度冷めてしまったゲームに、きちんとけじめをつけ、投げやりにならずにメンバーのその後のことまで考えて下さる姿勢には、その姿も見えないモニターの向こうのマスターさんのお人柄が見えるようです。

当たり前のことですが、スマートフォンのゲームの向こうにも人が居て、私達はその人たちとか細い糸で、でも確かに繋がりながら同じ時を楽しく過ごしたのです。

私は、やっぱりこのオンラインゲームというジャンルが好きです。
媒体、ジャンルを問わず、大好きです。
その事を再確認させて下さった、このゲームと、ギルド「さくら温泉旅館」と、そのメンバーともちろんマスターに心から感謝いたします。

小さな画面向こうのどなたかと、忘れられない日々を確かに過ごして。万年ギルド内ランキング最下層の神島真生より。

↓ギルド名を書くご許可も頂かず、こっそり書いてしまいました。
怒られない事を祈ります^^
もしよろしければ、クリックして頂けるととても嬉しいです。

にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村

テーマ:スマートフォンゲーム - ジャンル:ゲーム

# プロフィール

神島真生

Author:神島真生
信長の野望Onlineで遊んでいます。
あと、歴史、特にフランスのジャンヌ・ダルクがとても好きです。
フランス旅行の日記も書き始めました。
よろしければお立ち寄りください。

# ジャンヌ・ダルクを巡る旅

# 【FF14】残念脱落レガシーのFF復帰日記

# ランキングに登録してみました。

よろしければ投票をお願い致します。

# FF14のランキングにも参加してみました

# 最新記事

# 宇宙兄弟ALSプロジェクト

難病のALSの治療方法を見つけるための活動だそうです。 ゲームの合間に是非ご覧ください

# カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

# ご来場ありがとうございました。

ご訪問頂いた方:
現在のお客様 :

# にほんブログ村

信長の野望Onlineについての楽しい記事がたくさんあります。

# 旅行ブログ

色んな所に旅行に行かれている方々のブログです。 とても皆いきいきと楽しんでいます。

# メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

# 信onリーダー

# ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

# 検索フォーム

# 著作物の配信、掲載および転載について

◎『信長の野望 Online』の著作権について 『信長の野望 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。 このWebサイトに掲載している『信長の野望 Online』の著作物は、『信長の野望 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『信長の野望 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。

◎ファイナルファンタジーXIVの著作権について 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。 Copyright (C) 2010 - 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved