FC2ブログ

神島日記~帰参の段~

オンライン大三千世界(FF14と信on)と現実の世界を飛び回るブログです。FF14と信on両方の人とお友達になれたらと思います。

ファビエンヌさんとのひと時と最大の難関について~ジャンヌを巡る旅・5日目

10月27日。ドンレミ村での朝を迎えました。
2018秋のドンレミ7
その日、私は日が昇り始めた頃目覚めました。
朝霧中のドンレミ村を散歩します。
2018秋のドンレミ村3
彼女もこんな風に朝霧の中を歩いたのだと思うと、不思議な感覚に襲われます。
2018秋のドンレミ村
私はこの感覚を味わいたくて、この村に宿泊したのです。
2018秋のドンレミ2
彼女はどんな風景の中で育って、どんな空気の中に居たのか、それを肌で感じたかかったのです。
2018秋のドンレミ6
例えば、これらの風景はネットを探したり、Googleマップ等を検索したらすぐ見る事が出来るでしょう。
私も何度も検索しました。
それでも、本物を、その空気を肌で感じる為にその場所に足を運ぶと全然違う感動があります。
2018秋のドンレミ5
別に旅行だけでは無くて、美術品・絵画・舞台・音楽ありとあらゆるジャンルにおいて
「知っている」事と「感じた」事は全然違う感じがするのです。
上手く言語化できませんね。
でも、私にとってはとても重要な違いなのです。
2018秋のドンレミ4

さて、ちょっと主題とずれました。
今日は午前中にドンレミ村を観光して、午後からはヴォークルールに向かおうと思います。

ヴォークルールは「ヴォークルール城代・ボードリクール殿に、シャルル7世に会わせてもらえるように頼みに行きなさい!」 という神の声を聞いたジャンヌ・ダルクが1428年5月13日から滞在した場所です。
前回の旅では行けなかった場所で、今回楽しみにしている場所のひとつです。

今日の時刻表はこんな感じです。
17:33ヌフシャトー発>18:41ナンシー着>19:16ナンシー発>20:46パリ東駅着
17時までには、ドンレミ村の最寄り駅のヌフシャトーに着いている必要があります。
午前中は村の中で過ごし、ごごにタクシーでヴォークルールに移動。その後ヌフシャトーに移動する、というぼんやりとした計画を立てていました。

ホテルで美味しい朝ごはんを頂いた私は、村の中を順番に見て回りました。
幾つか気になっていた部分を検証して廻ります。
この辺りはいつか別の記事に出来たらな、と思います。

お昼前くらいに昨日の約束通りファビエンヌさんのお店を訪ねます。
ファビエンヌさんのお店は、まさにジャンヌの生家とジャンヌが最も通ったサンレミ教会の向かいにあります。
ファビエンヌさんを訪ねると、私を歓迎して中に迎え入れてくださいました。
昨日と違って時間に追われている訳ではないのでゆっくりお話しできます。

「私は日本からジャンヌ・ダルクの足跡を追いに来ました。」と自己紹介すると、それはもう嬉しそうに
「そうなの?もうジャンヌの家には行ったの?」
「ええ、昨日。」
「あそこの家の中の像は見た?あの像こそが最初の1体(オリジナル1)なのよ」2018オリジナル1
と、誰も知らない秘密を打ち明けるように語ってくれます。
そうしながら彼女はケーキを出して下さいます。このあたりで作られたレモンのケーキでした。
思えば、沢山の場所を回ってきましたが、こういう交流は初めてです。
嬉しくなって、私も沢山の写真を見せました。

「そういえばあなた。これは持ってる?」
2018スタンプラリー1

彼女は何か大きな一枚の紙を取り出します。
これは・・・まさか?

「ジャンヌ・ダルク縁の場所を巡るスタンプラリーがあるのよ。」
2018スタンプラリー2
・・・どうしてこの最終盤に来てそんな魅力的な物を・・・

「各地のツーリストでスタンプを押してくれるのよ。ほら・・・」
紙を広げて地名を指し示してくださいます。

「ルーアン・・・オルレアン・・・シノン・・・」

「そこも・・・そこも・・・そこも行きました。」
なんとも楽しそうなスタンプラリーですが、私はあまり旅行者向けの案内所を使っていなかったので(何故なら言葉が解らなくて苦労するので・・・)その存在に気が付いていなかったようです。
これから彼女の足跡を追う方は是非、スタートからこのスタンプを集めて回ってください。
そして集まった物を見せて頂きたいです。

「それで、あなたこれからどうするの?」

「これからヴォークルールに向かうつもりです。」
「遠いわよ。どうやって行くの?」
「タクシーを使うつもりです。」
「それなら私が手配してあげるわ。」
とても親切です。正直な所、どうやって手配するか考えていなかったので助かりました。
ファビエンヌさんと出会えて本当に幸運だったと思います。

それにしても、今回の旅は本当に順調です。
初日でスマーフォンを壊し、クレジットカードが使えなくなったりした波乱万丈な1回目と比べるととてもスムーズです。
振り返ってみると、トラブルだらけ、逆境だらけの中で必死に目的地を目指した旅を懐かしくも・・・・・

ファビエンヌさんが電話を置きました。

「タクシーが無いわ。この村、2件しかタクシーが無いのよ。」

え???
ヴォークルールに行けない?

「15時以降なら動けるそうよ。」
私は計算を始めます。
ヴォークルールはドンレミ村から片道20km程離れた場所にあります。
現在の時刻はおよそ正午12:00
16:30にはヌフシャトーに着いていなければいけません。
とすると・・・道中のトラブルも考えると

「ありがとうございます。16時にタクシーの予約をお願いできます。ええ、ドンレミ村からヌフシャトーまで。」

あれをやるしかありません。
私は、ファビエンヌさんに、15:30までには帰ってきます。と伝え一旦別れを告げます。
タイムリミットはあと3時間30分もありません。
私は、泊まったホテルに飛び込みます。
やっと来ました。トラブルです。これこそ逆境です。

「お願いです。自転車を借して頂けますか!?」

最後の目的地には、私のこの足で辿り着くのです。


まとめページにもどります。
スポンサーサイト



ジャンヌ・ダルクの造形師~続・ジャンヌを巡る旅4日目~

あまりに夜間の門構えが怖かったので、前回のような書き方をしてしまいましたが、本当の所は何もありません。暗がりが怖かっただけで、部屋の中はこの通り。
暖かい色合いのインテリアで、とても広く、設備も一通り整っていて不自由は全くありません。
Wifiも完備されていて、私のような旅行者には非常に嬉しい宿です。
一人旅の私には過ぎた居心地の良い部屋でした。

2018ドンレミ中
私が今回宿泊した「Le Clos Domremy」はドンレミ村の中心部に程近いホテルです。
この宿は2つ部屋があり、それぞれ「ナポレオン3世」と「ビクトル・ユーゴー」の名前が付いています。
私が泊まった部屋は「ビクトル・ユーゴー」のほうです。
このホテルはナディアさんとロバートさんという2人の夫婦で経営されています。
ナディアさんはとても親切で、言葉が解らない私にもとても親切にしてくださいました。
ロバートさんの方は、というと・・・
部屋の名前からも解るように、重度の歴史好きなのですがことジャンヌ・ダルクに関しては度を超しています。
私もジャンヌ・ダルクを好きなことに関しては誰にも負けないつもりだったのですが、世の中にはまだまだ上がいる物だと思い知りました。

彼はジャンヌを愛するあまり、自分で作成します。
私のようにどこかから購入するのではなく、ご自分で作成してしまうのです。
それらはホテルのいたるところに飾られています。
2018ドンレミ本棚の上

昨日の蜜蜂ホテルのコレクションも膨大でしたが、数は数倍こちらが上回っています。
数えていない(数えられません。)のですが、100体以上はあったと思います。
2018本棚の上2
フランスでは、自宅やホテルの庭にジャンヌ像を飾っているのを何度も見かけてきましたが、この数と熱量はそういう次元ではありません。
2018ドンレミホテルエントランス

お願いして見せて頂いたのですが、プライベートエリアにまでそのコレクション達は浸透していました。
2018ドンレミ騎馬像

一体何年掛かって作成されたのでしょう?
圧倒される物量です。
2018ドンレミコレクション2

デザインは各地で見られるジャンヌ像の模造からオリジナルまで幅広くありました。
これは、そのなかでもひと際美しくて目に留まった作品です。
ジャンヌの表情や、甲冑・鎖帷子の造形まで非常に高い技術で再現されていると思います。
2018ドンレミコレクション3

引き続き、その作品達のほんの一部ですがご紹介させてください。
2018ドンレミコレクション4

廊下にもその作品はあふれています。
時々ひっかけてしまうようで、壊れて修復中のものもありました。
2018ドンレミコレクション5

同じデザインのものも何体もあります。
一体、この執念はどこから来るのでしょう?
2018ドンレミコレクション6
私の知る限り、最大のコレクションです。
この像も火刑に臨むジャンヌの悲哀が伝わってくるようです。
2018ドンレミコレクション7
そんなロバートさんの制作部屋を見せて頂きました。
もっとも制作部屋も最低2部屋はあったようですが・・・
2018製作部屋
こんな趣味にどっぷり浸かった生活も理想かもしれません。
自由に自分の思うジャンヌ像を作成できる・・・まるで夢のようです。

私は、このジャンヌ愛に満ち溢れたホテルで過ごして元気を養いました。
そして、この旅最大の試練の5日目を迎えたのです。


まとめページにもどります。

ドンレミ村の夜~続・ジャンヌを巡る旅・4日目~

ボワシュヌ教会を出た私はホテルの近くに戻ります。
ホテルで食事を取る事が出来ないので、近くのレストランで食事を取ります。
2018ドンレミレストラン
レストランAu Pays De Jeanne。
私の知る限り、この村で食事が取れそうなお店はここだけです。
残念ながらここでは英語も通じませんでしたが、自動翻訳や指差し会話帳で問題無く注文できませんでした。
当然細かい注文をするのは難しいのですが、旅の間は「さあ、何が出てくるんだろう?」というのも楽しみのひとつです。
この辺りの気楽さは一人旅ならではだと思います。
2018ドンレミ犬
レストランを出た時、辺りは真っ暗になっていました。
ちょっとお食事に集中しすぎたようです。

慣れない海外で夜道を歩くのはやはり良くありません。
私のその日の行動は軽率だったとしか言いようがありません。

夜道は明かりも殆どなく、月と星とお店から漏れてくる光くらいしかありません。
私はスマホの明かりを頼りにホテルに向かいます。

たった200mの道を歩いた私の目に飛び込んんできたのはこの佇まいです。
2018ドンレミ真っ暗
「ここに入って宿泊するの??」

思わず足が止まります。
真っ暗な窓も不気味に見えてきます。
2018ドンレミ真っ暗2
当然、チェックインの時に一度は入っているのですが、この恐怖心は抑えられません。
それでもいつまでも外にいる訳にもいかないので、預かっていた鍵を使って中に入ります。

中も真っ暗で、スマホの光を頼りに明かりのスイッチを探します。
2018ドンレミ真っ暗3
昼間はとても可愛い宿だと思ったのですが明かりが無くなるとこんなに雰囲気が出るとは思いませんでした。

何とか部屋に辿りついて最初にしたことは、日本のゲーム関連のチャンネルにスマホでチャットを送信することでした。
日本時間では早朝4時頃のはずですが、人がいて少し安心出来ました。
離れていても繋がれるツールというのは、本当にありがたい物です。
おかげで恐怖心を克服できた私は。ようやく落ち着いて周囲を確認することが出来たのでした。

まとめページにもどります。