FC2ブログ

tag: 歴史  1/21

ファビエンヌさんとのひと時と最大の難関について~ジャンヌを巡る旅・5日目

10月27日。ドンレミ村での朝を迎えました。その日、私は日が昇り始めた頃目覚めました。朝霧中のドンレミ村を散歩します。彼女もこんな風に朝霧の中を歩いたのだと思うと、不思議な感覚に襲われます。私はこの感覚を味わいたくて、この村に宿泊したのです。彼女はどんな風景の中で育って、どんな空気の中に居たのか、それを肌で感じたかかったのです。例えば、これらの風景はネットを探したり、Googleマップ等を検索したらすぐ...

  •  0
  •  0

ジャンヌ・ダルクの造形師~続・ジャンヌを巡る旅4日目~

あまりに夜間の門構えが怖かったので、前回のような書き方をしてしまいましたが、本当の所は何もありません。暗がりが怖かっただけで、部屋の中はこの通り。暖かい色合いのインテリアで、とても広く、設備も一通り整っていて不自由は全くありません。Wifiも完備されていて、私のような旅行者には非常に嬉しい宿です。一人旅の私には過ぎた居心地の良い部屋でした。私が今回宿泊した「Le Clos Domremy」はドンレミ村の中心部に程近...

  •  0
  •  0

ドンレミ村の夜~続・ジャンヌを巡る旅・4日目~

ボワシュヌ教会を出た私はホテルの近くに戻ります。ホテルで食事を取る事が出来ないので、近くのレストランで食事を取ります。レストランAu Pays De Jeanne。私の知る限り、この村で食事が取れそうなお店はここだけです。残念ながらここでは英語も通じませんでしたが、自動翻訳や指差し会話帳で問題無く注文できませんでした。当然細かい注文をするのは難しいのですが、旅の間は「さあ、何が出てくるんだろう?」というのも楽しみ...

  •  0
  •  0

旅の指さし会話帳とファビエンヌさんとの出会い~続・ジャンヌを巡る旅・4日目~

ボワシュヌ教会のお土産物コーナーには複数の女性の姿がありました。店員の方と、その方と親しげに話す女性、そして旅行客らしい3人の女性でした。邪魔にならないように絵葉書やジャンヌ・ダルクの彫像を物色していると旅行客の方に話しかけられました。どうも言葉が通じずに困っているようです。旅行客の3人は英語もフランス語も話せないようです。スペイン語圏でしょうか?それすらも怪しいです。お店の方の2人組はフランス語と...

  •  0
  •  0

ドンレミ・ラピュセル~続・ジャンヌを巡る旅・4日目~

私がジャンヌ・ダルクの生まれ故郷、ドンレミ・ラ・ピュセルに到着したのは16時ごろ。少し薄暗くなり始めたころです。早速荷物を預けにホテルにチェックインしました。今回宿泊したのは「Le Clos Domremy」というホテルです。多分、ドンレミ・ラ・ピュセルの中心部に最も近い宿です。200mくらいでしょうか?ここは、また別記事でご紹介したいと思いますがジャンヌ・ダルクを目当てにこの村に宿泊するのであれば、この宿を強くお勧...

  •  0
  •  0