オンライン大三千世界(FF14と信on)と現実の世界を飛び回るブログです。FF14と信on両方の人とお友達になれたらと思います。

# 神島流バー読み術・序

記事をふたつ書いたことで、欲求が収まりました。
そして、ここが信長の野望のブログだったということを思い出しました。
ですので今日徒党をしながら思ったことを書いてみようと思います。

それは、バー読みについてです。
ベテランの方はバーを一目で読み、先を予想して、数人分のキャラクターの行動を決められているのだと思いますが、
私はバーが読めません。これは初心者さんが通る最初の壁なのではないかと思います。

そこで、一つ工夫しています。
それは、メモ用紙に詠唱バーの長さと看破バーの長さを記して、いつでもテレビに当てられるようにしています。
怪しい、と思えばさっと手にとって画面に当てて確認できるように手元に置いています。
この方法の難点は、画面と手元がちょっと離れているので、慌てて当てに行ってから行動決定をするとタイムラグが出ることです。
なのでいつかは手放さないと、と思います。
最近はようやく、あ、来たかな?と思うことが時々あります。少しずつ慣れてきたのかもしれません。
でも、そうすると今度は当てに行くのを忘れて見逃して、全体完全回復が通ったりします。
無いと不安なので、もう少し手元に置いておこうとおもいます。

しかし、バーが読めたとしても上手くいかないことがあります。
自分が行動を決める段になって、何も着てないと思って攻撃や付与をしたりすると、自分の行動が決まった頃にひょこっと看破や詠唱バーがやってきたりするのです。

多分、詠唱や看破をする敵を把握して、その敵が行動するバーを確認してから行動決定をしないといけないんでしょうね。
なかなか全体の流れを把握することができません。

戦闘をしていて、いろいろなバーをただ漏れにしないよう、「バー読み術・序」から「バー読み術・壱」に慣れるように、もう少し考えながら戦闘をしていきたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ:信長の野望Online ~天下夢幻の章~ - ジャンル:オンラインゲーム

 | ホーム | 

# 旅の始まりと「うっかり」がもたらした悲劇について~ジャンヌを巡る旅1日目・1~

我慢できずに早速書き始めてしまいました。
私がジャンヌ・ダルクを知ったのは中学生の世界史の授業でした。
ジャンヌ・ダルクの記載は確か3~4行に過ぎませんでしたが、自分とたいして歳の変わらない女の子が、どうして世界史を揺るがすような事を起こせたのか、とても不思議に思ったのが始まりです。
そして、その時ジャンヌ・ダルクが訪れたランスのノートルダム大聖堂の写真が一枚添付資料に載っていました。
とても美しい、と感じました。
いつか、この写真の場所に行ってみたい。自然と私はそう思いました。

子供だった私の心に残ったその想いは、いつまでもいつまでも、薄れることなく残り続けました。
そして、時が流れ、お金と時間の条件の両方を揃えた私は、ついに意気揚々と彼女の死後584年後のフランスに旅だったのです。

そう書くと、とても素敵な感じなのですが、実際の私は一人の海外旅行は初めてでした。
友人に声をかけようとは思いましたが、100%完全にジャンヌ・ダルク尽くしのこの旅に同行して貰うのは心苦しく、勇気を出して一人旅としました。

フランス語はおろか、英語もろくに話せませんでした。でも、スマートフォンに翻訳ソフトを沢山入れておきました。
最近の翻訳ソフトは大変出来がよく、日本語で画面に話しかけると、それをフランス語や英語に翻訳してくれます。

また、方向音痴の私でも大丈夫なように、地図ソフトをインストールしました。
これはGPS機能を使用して現在地と目的地までのルートを示してくれます。
地名はカタカナでも入力でき、私の行きたい所と宿泊先のホテルを確実に繋いでくれるはずです。

これだけフル活用したなら、バッテリーの心配もあります。モバイルバッテリーも用意しました。
3回のフル充電が可能になるものです。これなら一日持つはずです。

日本大使館や渡航先情報を始め、各種のデータ、緊急連絡先なども入力しました。

ドコモの海外旅行用のプランにも直接店頭で話を聞いてから申し込みました。電波やデータ通信量の心配も無いはずです。
不安は沢山ありますが、出来るだけの準備はしました。

やがてその日がやってきて、私はフランス行きの飛行機に不安いっぱいになりながら乗りました。
出国までは日本語が通じますから、特に心配はありませんでした。

フランスまでは約12時間かかります。
途中退屈だろうと持っていったPSvitaも、あまりに旅先が楽しみで5分と遊べません。
ずっとガイドブックやジャンヌ・ダルク関連の愛読書を繰り返し読んでいました。(もちろん数時間は眠りました。)

そして私は中学生の時から憧れ続けたフランスの土地を踏んだのです。
初日はランスという都市に向かうつもりでした。
早速準備としてスマートフォンを取り出し、電源を入れ、そのまま記念に一枚写真を撮ろうとしました。

緊張しすぎていたのでしょうか?
スマートフォンは私の手から滑り落ち、コンクリート製の大地に激突しました。
画面には全体に大きなヒビが・・・

スマートフォンは、結局、操作できない状態になりました。
電源は入りますが、他の操作を一切受け付けませんでした。
まだ機内モードでした。着信もメールも受信できません。
用意してきた一切のツールは無駄になりました。

おっちょこちょいな私のトラブル満載のジャンヌ巡礼の旅が始まりました。

↓写真は朝のパリ北駅です。デジタルカメラが壊れずにいて本当に良かったです。
北駅

テーマ:信長の野望Online ~天下夢幻の章~ - ジャンル:オンラインゲーム

 | ホーム | 

# 私設会話での失敗

先日はたくさん城とも登録して頂いてありがとうございました。
どなたかお一人、城下町評点を下さった方、ありがとうございました。
でも折角城ともになれたのですから、毎日の名所観光でお互いに増やしていくのも楽しいかと思います^^

先日、ある方に誘って頂いた施設会話で失敗をしてしまいました。
以前写真を掲載した家臣のジャンヌの話題になった時、そのままジャンヌ・ダルクの話題になりました。
前々回も触れましたが、私はとてもジャンヌ・ダルクが好きです。
話し始めると止まらなくなり、友人も辟易させてしまう程です。
その時も止まらなくなり、チャット欄がどんどんジャンヌの事で埋まっていってしまいました。

程々にしないといけないと解っていても、ついつい手が止まらなくなるのです。
失敗した、と思い反省していたら、私の欲を満たす良い方法を思いつきました。
せっかく、毎日少しずつ文章を綴っていく場を得たことですし、この欲を存分にブログの1カテゴリーとして記事にしてしまおうと思います。
そうすれば、ゲームの中での欲望を少し抑えられるかもしれません。

今後、時々思いつくままに(特に記事の話題に困った時に)、趣味に走った文章を書いてしまうと思いますが、どうぞ寛大な気持ちで流し読み、もしくは読み飛ばしをして頂ければと思います^^ジャンヌ像(ランス)


テーマ:信長の野望Online ~天下夢幻の章~ - ジャンル:オンラインゲーム

 | ホーム | 

# プロフィール

神島真生

Author:神島真生
信長の野望Onlineで遊んでいます。
あと、歴史、特にフランスのジャンヌ・ダルクがとても好きです。
フランス旅行の日記も書き始めました。
よろしければお立ち寄りください。

# ジャンヌ・ダルクを巡る旅

# 70レベルまでの道

# 【FF14】残念脱落レガシーのFF復帰日記

# 0から始める東西戦

# ランキングに登録してみました。

よろしければ投票をお願い致します。

# FF14のランキングにも参加してみました

# 最新記事

# カレンダー

03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

# ご来場ありがとうございました。

ご訪問頂いた方:
現在のお客様 :

# にほんブログ村

信長の野望Onlineについての楽しい記事がたくさんあります。

# 旅行ブログ

色んな所に旅行に行かれている方々のブログです。 とても皆いきいきと楽しんでいます。

# メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

# 信onリーダー

# ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

# 検索フォーム

# 著作物の配信、掲載および転載について

◎『信長の野望 Online』の著作権について 『信長の野望 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。 このWebサイトに掲載している『信長の野望 Online』の著作物は、『信長の野望 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『信長の野望 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。

◎ファイナルファンタジーXIVの著作権について 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。 Copyright (C) 2010 - 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved