オンライン大三千世界(FF14と信on)と現実の世界を飛び回るブログです。FF14と信on両方の人とお友達になれたらと思います。

# 【FF14】お散歩とザ・フィースト初陣

こんばんは。
私は、相変わらずマイペースにエオルゼアの旅を楽しんでいます。
ストーリークエストを少しずつ進めながら、奇麗な風景の所で写真を撮ったり、一休みしたりしながら進めています。
風景

ここは、何度か足を運んだ場所のはずなのですが、
一度通ったはずの場所でも、時間や、見る角度で全然見え方が変わったりします。
風景2

きっと、このマップを作った人の拘りや世界観がしっかり反映されているんでしょうね。
風景3

さて、ストーリーを進めていた私なのですが、装備の更新も並行して進めていかなくてはいけません。
きっとまた次のダンジョンで「平均アイテムレベル〇〇以上」じゃないと入れなかったりするのです。
ええ、解ってます。
なので並行して装備更新も進めていきます。

実は、今日、良い物を発見したのです。
私はのような攻略遅れ組には、まったく縁の無さそうなウルブスジェイルにそれはありました。

こちらは、PVPでもらえるポイントを使って交換できる装備達です。
強い装備
たぶんコラボ装備というアイテム達です。
コラボしている作品を存じ上げないので、ちょっと自信ありませんがたぶんそうです。

何気なく能力を確かめてみてびっくりしました。
私が今装備しているアイテム達よりも、10~20くらいアイテムレベルが高いのです。
これは、参加して揃えるしかありません。

しかし、対人戦といえば、もちろん他のプレイヤーさん相手の戦いです。
果たして、私の力で通用するのでしょうか??

少し不安はありますが、物の試しです。
まずは申し込んでみました。
フィースト申し込み

ザ・フィーストという試合形式です。
ルールをざっと読みながら待ちます。

なるほど、メダルを取り合うのですね。
不安はありますが、私も「信長の野望」「R2」という対人戦のMMOを体験してきました。
敗北も勝利も、しっかり味わってきているのです。
そう易々と敗北するつもりはありません。

そう意気込んで、開始の合図とともに飛び出します。
私は竜騎士、アタッカーです。
誰よりも早く攻撃しなくては・・・・

しかし、、、、

現実は、、、、
あれよ1

そんなに甘くありませんでした・・・・
あれよ

何が何だかわからないうちに囲まれ、誰に攻撃されているのかよく解らないうち、2回も倒されてしまいました。
結果は勿論惨敗です。
結果

全くお役に立ててなくて、チームの方にも大変申し訳ないとも感じました。

でも、対人戦って、繰り返し死んで覚えていくものですよね。
私は初陣でしかありません。
次戦う時はもう少し上手に戦ってみようと思います。

次は、砕氷戦にも挑戦してみようと思います^^

↓対人戦に慣れてきたら、他のゲームとも見比べてみたいと思います。
良かったらクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:FINAL FANTASY XIV - ジャンル:オンラインゲーム

# 笑顔の怖い彼

今日はあんまり時間がないので、昔の写真を一枚だけです。

以前に記事にしたエッフェル塔に訪問した時の1枚です。

お土産物屋さんに彼は大量に並んでいました。
エッフェル塔のマスコットキャラクターでしょうか?
エッフェもん

笑顔が怖いです。
夜部屋にいたら、ちょっと嫌です。
勿論買わずに帰りました。

これもゆるキャラみたいなものでしょうか?


↓私は、彼をエッフェもんと名付けてました。
インパクト強くないですか?
良かったらクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村



テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

# 直政鎧改装具

こんばんは。皆さんは、直政イベントをどのくらい進められましたか?
遥

私は、私にしては結構頑張りました。
報酬のこの「直政鎧改装具」が欲しかったんです。
改装具効果
とはいっても、家臣に直政さんが欲しかった訳ではありません。
効果の「女性家臣は違う見た目になる。」という一文が気になったのです。
どんな見た目なのでしょう?
直政さんになるアイテムの女性版なら、やはり直虎さんでしょうか?
夢が広がります。
他のアイテムは取れなくても、これだけはなんとかして取りたい所です。

私は、時間を見つけて戦い続けました。
課金アイテムは使わなかったので、なかなか険しい道のりでした。
来る日も

色々試してみましたが、敵が多くて、ライバルのいない手取川の戦いをお勧めします。
ここなら、神典であれば七代の神罰であっという間に敵を倒せます。
来る日も・・・

途中でちょっと一休みなどをはさみながら、150~180ポイントを貯め続けて、ようやく3万ポイントがたまりました。
改装具

もうポイントは使い切ってしまいましたが、この為に頑張ってきたのですから悔いはありません^^
改装具効果

さあ、いったいどんな姿の家臣になるのでしょう?
特別な見た目の家臣には、家臣改装具は使えません。
ここは、私の絆家臣、武芸侍さんに登場して頂きます。
遥
あまり登場頻度は高くありませんが、実は私の絆家臣さんです。
私の腕力・魅力・生命を底上げしてくださっています。

さて、、お楽しみの時間です。
彼女は、この「直政鎧改装具」でどんな姿になるのでしょう?
この改装具は実際に使用する前に試着することができますので、まずはそれで姿を確かめてみましょう。

それでは、ご覧ください。
「直政鎧改装具」の試着姿です。
試着

・・・・??

どこが、変わったんでしょう?
思わず身を乗り出して違う所を探します。
が、見当たりません。

そうです。「直政鎧改装具」の効果は、最初からこのグラフィックだったのです。
まさか、同じ鎧を着ているとは思いもしませんでした。
しかし、このタイプの鎧は普通に購入したり、交換したりすることもできます。

まさか、3万ポイントも使って、既存と同じなんて・・・
いえ、そんなはずはありません。
何か、他に違う所が・・・・

その時、ふと思い立ちました。
モデルを変更します。

次のモデルさんは、密教僧さんです。
密教

そういえば、違う職種の家臣に使うとどうなるのでしょう?
答えは、こちらです。
密教試着

なんと、密教僧さんでも侍さんの格好になれるんですね!?
これなら使い道がありそうです。

・・・・

でも、やっぱり違うグラフィックが見てみたかったなぁ、と思いました。
いじける

↓よくよく考えたら、長虎さん普通に着物でしたね。
懲りずに後半戦に向けてポイントを貯めようと思います。
良かったらクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村




テーマ:信長の野望Online ~天下夢幻の章~ - ジャンル:オンラインゲーム

# 363番目の記事

この下の写真は、私が一番最初にこのブログにアップロードした写真です。
今とは装備も髪型も違っていますね。

神島

今日記事を更新しようとしたら、記事番号が363にまでいっていました。
この記事が363番目の記事ということになります。
え、もうそんなに?と思いました。
それで、いつから書き始めたのか、と記事を読み直してみたら去年の4月3日が最初の記事でした。
(ちなみに、その記事の本文は「ブログの設置テストです。」だけでした^^)
最初の内は、一日の内に沢山投稿していたこともあったので、1周年をまたずして365個の記事を書くことができそうです。

無理やりな更新も沢山ありましたが、なんとか続けてこられたのは、温かいコメントしてくださったり、やゲームの中で声をかけて下さる皆さんのおかげと思います。
ありがとうございます。

・・・なんだか、まだ何か月も先なのに1周年を迎えたような文章ですね。
気が早かったです。

これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

↓写真を見ていたら、久しぶりに烏帽子をかぶりたくなりました。
今度入ったら久しぶりに虫干しをします^^
良かったらクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村



テーマ:信長の野望Online ~天下夢幻の章~ - ジャンル:オンラインゲーム

# 【FF14】光のおとうさんドラマ化計画がとても楽しみです。


Jeanne Arc 2016_10_08 02_24_13

今日は、他の方の記事なのですが、本当に嬉しい事があったのでご紹介させて頂きます。
もう、Twitterや、ご本人の記事でなどでご存知な方も多いかと思いますが、今日「光のおとうさん」で有名なマイディーさんのドラマのキャストが一部発表されました。

どんどんマイディーさんや周りの方々の夢が形になっていくのをリアルタイムで見ることができて、私は本当に幸運だと思います。

マイディーさん、お仲間やスタッフの皆さん、本当におめでとうございます。
同じMMOを大好きな者として、今回の企画は本当に嬉しい事です。
計画はまだ半ばとは思いますが、応援しています。

マイディーさんは、きっとMMOが好きで、その遊び方を沢山模索して、それがいつしか「光のおとうさん」企画に繋がったのだと思います。
それは、どんどんと人の繋がりの輪を広げて、ついに想像もしなかった展開を迎えました。
迎えました、という書き方はよくありませんね。まるで偶然たどり着いたみたいです。
幾つかの偶然の出会いはあったにしても、その局面毎に、マイディーさんが自分の信じることに従って選択を重ねた結果です。

それらの決断と、目標に向かって動き続けるそのエネルギーを尊敬します。
たとえ、好きなことが始まりだったとしても、楽しい道のりだったとしても、楽ちん、とは違います。
私たちは、しばしば好きで楽しい道を歩いていても、ついつい途中で楽な方に流れてしまう事があります。

もちろん、楽な道を選ぶのは悪い事ではありません。
でも、険しくても好きな道を歩き続けた彼は今、誰も体験したことのない場所にいます。

尊敬と同時に羨望も覚えます。
しっかりと歩み続けた人しか見えないその風景は、いったいどんなものなのでしょうか。
私も、そんなポジティブな力を自分の中にしっかり持ちたいと思います。

↓お祝いを言いたかったはずなのですが、なんだかうまくまとまりませんでした。
やっぱり、興奮冷めやらぬという感じでしょうか。
ドラマ化決定の事は知っていても、スタッフが決まるとやっぱり違いますね。
必ず毎週録画予約をして、保存しなくては^^
良かったらクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村

テーマ:FINAL FANTASY XIV - ジャンル:オンラインゲーム

# MMOと焦燥感


今日は、ちょっと美味しいご飯を頂いて、気が付いたらこんな時間です。
そんな日は、無理にゲームをせずに休んでしまいます。
ヤシュトラさん


MMOは時々、毎日入っていないとなんだか置いて行かれてしまうような焦りを感じることがあります。
例えば、知り合いとレベルが離れたり、良い装備をとり損ねたり、イベントに参加できなかったり。
教会(信長)


でも、そういう「焦燥感」を持ちながら遊んでいると、何かで1週間くらい入れなかったりすると、緊張の糸が途切れたように入らなくなってしまうこともあります。
どんなゲームにおいても、ずっとどんどん攻略していたのに急に引退してしまう人がいます。
そういう方に少なからず見られる証言かと思います。

ゲームは、あくまで余暇を過ごす手段のひとつです。
そして、MMOは元来、その人個人個人にあったペースで遊べば良い物のはずです。
予定が他にあれば、そちらを楽しんでも良いですし、飽きてしまったら止めるのが自然です。

もし、他の人と進めるペースが違っていたとしても、その中で自分の楽しさを見つけられる人が
結局は長く遊んでいるような気がします。
私は、この「焦燥感」と上手く付き合うことが、「MMOを長く続けるコツ」のような気がします。

MMOは皆さんそれぞれの無理のないペースで、ゆっくりのんびり楽しみましょう^^

↓そうはいいつつ、長政さんを43まで上げてしまった私です。
時々はがっつり遊びたくもなるのです^^
良かったらクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村

テーマ:信長の野望Online ~天下夢幻の章~ - ジャンル:オンラインゲーム

# 新イベント「女城主・直虎からの試練 ~直政奮闘記~」が始まりました。


こんばんは。今日は新しいイベントが開催されました。
大河ドラマでも盛り上がっている井伊直虎さんのイベントになります。
直虎
お洒落店長さんの読みがばっちり当たったように見えます。
ご慧眼に感服いたしました^^

さて、このイベントですが、安土の城下町にやってきた直虎さんとお話するところから始まります。
セリフ
なんでも、養子の直政さん(10レベル)を乱世でも通用するように鍛えて欲しい、というものです。
NPCを育てるイベントなんて、ちょっと新鮮ですね。

こうして、直政と行動を共にするようになって、お手頃な敵を探していくのですが、この直政さんは30レベル以上の敵になるとあっというまに逃げ去ってしまいます。
敵前逃亡
しかも、屁理屈付きです。

鍛えないと、と思う直虎さんの気持ちも解ります。
序盤、15レベルくらいまでは、どこかのダンジョンなどで上げてみてください。
今日だったら青龍のいる東尋坊などが依頼で簡単に飛べるので楽かと思います。

でも、今日はイベントが始まったばかりで手ごろな所はちょっと混んでいるかもしれません。
15レベルくらいになったら、安土の道場依頼で「安土武芸大会」をお勧めいたします。
武芸大会
ここなら敵を取り合う必要もありませんし、戦闘後の気合回復も楽です。
お供のNPCを入れすぎると直政さんは出てこなくなりますので、NPCの入れ過ぎには気を付けましょう。

もし、あなたが神典さんなら、七代の神罰であっという間に敵を殲滅できます。
道場
敵とのレベル差が15以上あったら時々脱兎されます。

レベルが15を超えると、お母さんと力比べができます。
超えなさい
勇ましいですね。

私は、27で挑みました。
親子

このくらいあると危なげなく勝てるはずです。
27.jpg

30近くなってきたところで、私は場所を変えました。
今度の行き先は比叡山です。
黒鬼

今日はちょうど「邪しきもの」があって、比叡山ノックができます。

比叡山ノック

道場よりテンポは落ちますが、うまくいけば一回の戦闘で180の育成ポイントと証ふたつが手に入ります。
軍神も育てたい人は一石二鳥ですね^^
カッコいい
私は、「お得」とか「ついで」という単語にどうも弱いようです。

レベルが30台中ごろになってくると、そう簡単には倒れなくなって心強くなってきますよ^^
早く60レベルとかにしてみたいものです。

でも、育成にポイントを使い過ぎて報酬には全く手が届きません。
私はこれが気になっています。
気になる報酬
どんな見た目なんでしょうね?
なんとか手に入れたいものです。

今回は、今までにないNPCを育てるというイベントでした。
もしかしたら面倒、と思われる方もいらっとしゃるかもしれませんが、10代のNPCを育てるのは、なんだか親心のようなものまで生まれてきてとても楽しいです。
直政が早く一人前になれるよう、私も頑張ってみようと思います。

↓イベントが進むと、もっと効率の良いポイントの増やし方なども解るかもしれません。
他の方の記事も要チェックですね。
良かったらクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村

テーマ:信長の野望Online ~天下夢幻の章~ - ジャンル:オンラインゲーム

# 松本城攻城戦


今日のお昼は、松本城の攻城合戦に参戦していました。
残念ながら、かなりの劣勢の戦いです。
2017.jpg

合戦場に門をくぐって入ったら、すぐに敵PCが居てこちらを狙ってきます。
これでは、陣を取り返すのもままなりません。
こういう状態を「門封鎖」と昔から呼んでいます。

合戦は、人と人との勝負ですので、そこには勝ち負けが存在します。
長く遊んでいると、そのどちらも経験するようになると思います。

負けていても、その場で試行錯誤を繰り返して次に繋げようとしている勢力はやがて強くなっていくように思いますし、
勝っていても、お相手を蔑んだ言葉がよく聞こえる勢力は、半年とかすると弱くなっていたりすることが多いように思います。
(けっして今がそのどちらか、という訳ではありません。今まで戦ってきた勢力がそういう傾向にあったというだけです。)

私たちが遊んでいるMMOには、対人戦の要素が良く出てきます。
FF14では、試合、みたいな感じであまり勝ち負けに拘りが生まれにくくなっています。
少なくとも、負けたからといって後々のプレイに影響が出たりはしません。
信長の野望では、負け続けると国が亡んだり、天下統一から遠のいたり、ちょっと影響があります。
昔遊んでいたR2では、しばしば紛争の引金になって、引退者続出したりする重大な事件に発展したりしました。

それぞれ、後々への影響の差はありますが、絶対に忘れてはいけないのは、これは「ゲーム」で実際の「戦争・合戦」ではありません。
もちろん、ロールとして楽しむ視点もありますが、それでもお相手への配慮を忘れて良い理由にはなりません。
ゲームではお相手への節度を忘れてはいけないと思います。
聞いていないから大丈夫、ということでもありません。他者に対する汚い言葉は、それを聞いた人皆も嫌な思いをするでしょう。

今日の松本城の合戦は、とても少数でしたが諦めずに何度も敵陣に向かって攻撃をしたり、門封鎖を解くために試行錯誤したり、少ない人数でしたが、とても前向きで雰囲気の良い合戦場だったと思いました。
私も、微力ですがまた参戦したいと思います。


↓劣勢の合戦も、頑張ってみると楽しい物です。
また、敵陣営の方も、味方陣営の方も、また合戦場で一緒に遊びましょう^^
良かったらクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村

テーマ:信長の野望Online ~天下夢幻の章~ - ジャンル:オンラインゲーム

# フルマラソン簡単攻略法募集中です。


今日は少しだけです。
以前お話したことのある、体力増強の為のマラソン大会の本番が近づいてきました。

練習の進み具合は、、、というと、まったく自信がありません。
どのくらい自信がないかを信長で例えると、神職ソロで後陣ゲリラの起点になるくらいです。
FF14で例えると、装備無しでアレキサンダー零式に参加するくらい、でしょうか??

練習ではなんとかハーフマラソンを走れたものの、その2倍となると想像がつきません。
厳しい戦いになりそうです。

体力の準備がとても心許ないので、それ以外の準備に万全を期したいと思います。
例えば、栄養ドリンクとか、痛み止めとか、テーピングとかでしょうか?

戦いは、戦闘だけで決まるわけではなく、その前の準備から始まっているのです。
と、厳しい現実から目を逸らしながら、あと少しの期間、出来る限りの準備を進めていこうと思います。

・・・どこかに、一朝一夕で出来るフルマラソンの攻略法が載っていないものでしょうか?

↓攻略法なんてあるわけない、という方は、どうぞ下のボタンをクリックしてください^^
嘘です。でもクリックしてくださると嬉しいです。

にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村

# 夜のエッフェル塔と、最終日に向かっての思索~ジャンヌを巡る旅5日目・11~

こうして、私のジャンヌを巡る旅の5日目が終了しました。
食事を終えて宿に戻り、しばらくした頃、遅いパリの夜がやってきます。

今回の旅は、ジャンヌ一色なので、いつも早朝にパリを飛びだしてしまい、パリは全く観光できていません。
明後日の朝には帰国の途に就きます。私の旅も観光に使えるのは明日だけです。
明日は、予備日として行き先を決めていませんでした。
旅の予定がうまくいかなかったとき、明日の6日目をそれに充てようと思っていたのです。
とかし、スマホが壊れたり、カードが使えなくなったり、色々なアクシデントに見舞われた私の旅も、結果としてみれば順調に目的地を回ることができました。

いったい、明日はどこに行きましょう?

思案しながら、私は少しお散歩をしてみることにしました。
今になってよく考えたら、夜一人で出歩くものではありません。軽率だったと思います。
でも、ちょっと旅の終わりを間近に控えて少し感傷的になっていたのかもしれません。

いつもパリを早朝に飛び出て、くたくたになって帰ってきていたので、私はほとんどパリを見て回っていません。
せめて、有名なエッフェル塔くらいは見ておこうと思い、歩いて向かってみました。

流石に巨大な塔で、迷うこともありません。
考えながら歩くのには最適です。

大きな電光看板が迎えてくれます。
ウェルカム
エッフェル塔の近くは観光客で賑わっています。

夜のエッフェル塔は、大きく、美しく、その造形の隅々にまで見とれてしまいました。
エッフェル塔

エッフェル塔を真下から見た写真って、見たことありますか?
エッフェル下から
まるで、不思議な世界を覗き見るような、おかしな錯覚すら覚えます。

エッフェル塔の完成は1889年3月31日年です。
それから、ずっとパリと歴史を共にしてきました。
万博を見て、解体の危機にもさらされ、軍事、気象、化学実験の発展に大いに貢献しました。
もちろん世界大戦も経験しました。
あのアドルフ・ヒトラーがパリを占領してエッフェル塔に登ろうとしたらエレベータが壊れてしまい、歩いて登らされた。なんてエピソードもあります。

私は、歴史が大好きです。
歴史自体も大好きですが、それよりも
歴史が今に伝わっているという事は、大切に後世に伝えようとした誰かが居る、ということに心が動きます。

ある奈良のお寺のお坊さんが言いました。
「あなたの前に、この塔があるのはなんでや?(関西弁でした。)
戦争もあった。火事もあった。周りはみーんな焼けた。
自然とこれだけ残る訳やない。誰かが、残そうとして守ったんや。」


1日目で訪れたランスの大聖堂で迎えてくれた微笑む天使像を思い出しました。
微笑む天使
この像も世界大戦の折、爆撃を受けて大きく破損したのだそうです。
砕けてしまった頭部の破片を、焼け落ちる寺院で必死で拾い集めた僧侶が居たそうです。
その破片から、今日の像が復元されたのだそうです。

全てのものは誰かが残そうとしてそこにあって、また誰かが後世に引き継ぐのだと思います。
きっとこの世界の歴史は、そうやって伝わっていくのでしょう。

この旅で、各地を回って多くの方の親切に助けて頂きました。
本当に、本当に、フランスは親切で温かい国です。
その人たちが自国の歴史を大切にして、後世に伝えようとしているのも感じました。

エッフェル塔のライトアップの時間も終わります。
毎時00分と、ライトアップが終わる前に、エッフェル塔は違う輝きをみせます。
全身に設置されたライトが、きらきらとまぶしく輝くのです。
またたき
まるで、「はい、今日はもうおしまい!」と言うように挨拶して、エッフェル塔も眠りにつきます。

私は、そこで明日の最終日の目的地を決めました。
明日は、ジャンヌ・ダルクの歴史を現代に伝えようとされている方々となんとかコミュニケーションをとってみる事にします。
その場所は、ジャンヌが救い、そのことをずっと忘れずに現代にまで延々と伝え続けてきたあの都市です。
私は、もう一度オルレアンに行ってみることにしました。


<<まとめページにもどります。>>


↓夜のエッフェル塔は、本当に時間を忘れて見惚れてしまいました。
これも世界遺産、人類の歴史の産物です。
歴史って、本当に楽しいと思います。
よろしければ、クリックして頂けると励みになります。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村


テーマ:パリ、フランス - ジャンル:海外情報

# プロフィール

神島真生

Author:神島真生
信長の野望Onlineで遊んでいます。
あと、歴史、特にフランスのジャンヌ・ダルクがとても好きです。
フランス旅行の日記も書き始めました。
よろしければお立ち寄りください。

# ジャンヌ・ダルクを巡る旅

# 70レベルまでの道

# 【FF14】残念脱落レガシーのFF復帰日記

# 0から始める東西戦

# ランキングに登録してみました。

よろしければ投票をお願い致します。

# FF14のランキングにも参加してみました

# 最新記事

# カレンダー

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

# ご来場ありがとうございました。

ご訪問頂いた方:
現在のお客様 :

# にほんブログ村

信長の野望Onlineについての楽しい記事がたくさんあります。

# 旅行ブログ

色んな所に旅行に行かれている方々のブログです。 とても皆いきいきと楽しんでいます。

# メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

# 信onリーダー

# ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

# 検索フォーム

# 著作物の配信、掲載および転載について

◎『信長の野望 Online』の著作権について 『信長の野望 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。 このWebサイトに掲載している『信長の野望 Online』の著作物は、『信長の野望 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『信長の野望 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。

◎ファイナルファンタジーXIVの著作権について 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。 Copyright (C) 2010 - 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved