オンライン大三千世界(FF14と信on)と現実の世界を飛び回るブログです。FF14と信on両方の人とお友達になれたらと思います。

# 健康相談の影で動いていた(かもしれない)人々

見事な彫刻

前回は、ここナンシーの街に招かれたジャンヌが受けた健康相談と、もしかしたらその影で他の人の思惑があったかもしれない事についてお話させていただきました。
詳しいお話に移る前に、ここで登場人物について簡単に記載したいと思います。

前回までで登場した人は
1、ロレーヌ公爵シャルル2世 ジャンヌに健康相談する為にロレーヌ公国ナンシーまで彼女を呼び寄せました。
2、ヴォークルール守備隊長ロベール 王太子に会いたいので紹介して欲しい、というジャンヌを冷たくあしらい続けています。
以上の二人です。

そこに、この時代の政治に欠かせない人物が
3、フランス王太子シャルル 劣勢のフランスの王太子 やる気を失い、亡命も考えています。

さて、この3人ですが、実は3人の親子を間に入れることで深く繋がりを持ちます。
文章ではちょっと解りにくいと思いますので相関図というものを作ってみました。
ですが、私、相関図というものを生まれて初めて作成しました。
見難いところ、解りにくい所がありましたら申し訳ありません。
相関図2

3人の人物が新たに出てきます。

4、ルネ・ダンジュー ロレーヌ公の娘婿にあたる人物。守備隊長ロベールの上司にもあたり、個人的にも親しく間柄です。
5、王太子妃マリー 先ほどの王太子の方のシャルルの奥さんです。  
そして、この二人の母親に当たるのが、この方です。


6、アンジュー公爵夫人、ヨランド・ダラゴン
ヨランド・ダラゴンは、他の有力な人々が寝返ったり、敵に捕らわれたり、殺されてしまったりする中で、一番大きな政治力を持っていました。
とても政治的な行動力のある女性で、必要であれば政敵と組んで暗殺なども行っていたようです。
そして、彼女は娘の夫である王太子シャルルを応援して、彼を王座につけようとしていました。

ここから先は、ジャンヌ・ダルクの躍進の影にヨランド・ダラゴンの意図があったという説に従います。
その説に従えば、今回の訪問はこうなります。

王太子に会わせて欲しい、と懇願する少女ジャンヌ。
守備隊長ロベールは、当然それを冷たく断り続けます。
しかし、次第に街の中での彼女の評判も高まり、ロベールは上司であるルネに報告します。
それに興味を持ったルネが実家のヨランド・ダラゴンにその事を話し、
ヨランドは、彼女の事を何かに利用できないか、と考えます。
そして、その少女がどんな少女か調べるようにルネに言い、それに従って今回の招待が画策されます。
面談の結果、ロレーヌ公とルネは肯定的な報告をヨランドに伝え、ヨランドはジャンヌを利用しようと考え始めます。


この説を裏付けるものはいくつかあります。
1、ロレーヌ公国から帰ったら、ロベールの態度が突然に協力的になっていました。実際、その月のうちに王太子の所に向けて出発しています。
2、このナンシー訪問の前後に、ルネ、ロベール、ロレーヌ公の間で手紙や直接の訪問で話し合いが持たれた形跡がある。
3、ジャンヌが王太子の元に向かう時、王太子付けの伝令使が派遣されてきました。これは、王太子側もジャンヌを丁重に扱っている証拠になります。この後のシノンの伝説は、いわゆる演出の一貫だったのでは無いかと私は思います。
4、ヨランドは、ジャンヌの旅支度やオルレアンの戦いの支援をしています。

もちろん、これだけでヨランド・ダラゴンが画策したこと、という証拠にはなりません。
この説には、他にもロレーヌ公とルネの二人で画策した説などもありますし、そもそもこの訪問はやっぱり唯の健康相談だったという説もあります。(というかそちらの説の方が主流かと思います。)

私は、後の彼女の証言から、決して彼女は誰かの「傀儡」であったとは思いません。
しかし、その奇跡の影には、多くの人の思惑や利権があり、彼女という勢い、存在を流れとして利用した人々は複数いたと思います。
だとしても、彼女の為そうとした事の価値が下がることでは無い、と思います。

ちなみに、リュック・ベッソン版の映画「ジャンヌ・ダルク」では、このヨランド・ダラゴン黒幕説を採用しています。
真偽の程は不明ですが、非常に「絵になる」説です。説得力も非常にあると思います。

ご興味がありましたら、どうぞ観てみて下さい^^
お勧めです。


<<まとめページにもどります。>>



↓いかがだったでしょうか?
こういう記事が、私の好きなジャンヌ・ダルクに他の人が興味を持つ入口になったとしたら
こんなに嬉しいことはありません。
よろしければクリック頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ:信長の野望Online ~天下夢幻の章~ - ジャンル:オンラインゲーム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kamisimamanao.blog.fc2.com/tb.php/219-96e9b561
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

# プロフィール

神島真生

Author:神島真生
信長の野望Onlineで遊んでいます。
あと、歴史、特にフランスのジャンヌ・ダルクがとても好きです。
フランス旅行の日記も書き始めました。
よろしければお立ち寄りください。

# ジャンヌ・ダルクを巡る旅

# 70レベルまでの道

# 【FF14】残念脱落レガシーのFF復帰日記

# 0から始める東西戦

# ランキングに登録してみました。

よろしければ投票をお願い致します。

# FF14のランキングにも参加してみました

# 最新記事

# カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

# ご来場ありがとうございました。

ご訪問頂いた方:
現在のお客様 :

# にほんブログ村

信長の野望Onlineについての楽しい記事がたくさんあります。

# 旅行ブログ

色んな所に旅行に行かれている方々のブログです。 とても皆いきいきと楽しんでいます。

# メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

# 信onリーダー

# ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

# 検索フォーム

# 著作物の配信、掲載および転載について

◎『信長の野望 Online』の著作権について 『信長の野望 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。 このWebサイトに掲載している『信長の野望 Online』の著作物は、『信長の野望 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『信長の野望 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。

◎ファイナルファンタジーXIVの著作権について 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。 Copyright (C) 2010 - 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved