オンライン大三千世界(FF14と信on)と現実の世界を飛び回るブログです。FF14と信on両方の人とお友達になれたらと思います。

# ゲームで『も』感動する

その昔、ゲームは他の娯楽よりも劣った文化という声を聴くことがありました。
もしかしたら、今もあるのかもしれません。
星空


「ゲームは悪い文化」「ゲームをしてるとダメな大人になる」そんな声を、直接的だったり、間接的だったり聞いたことはありませんか?
私は、何度もそういった声を聴いてきました。

「ゲームは子供に悪影響を与える。」

繰り返しなされてきた議論です。

そもそも、私の両親が、こと娯楽という物には厳しく、私は小さい頃ゲームどころかテレビの一切も禁じられていました。
1桁年代の前半で「すでに周りのお友達の娯楽の話題が解らない」というのは、子供の私にとって重大な出来事でした。

その反動でしょうか?ある程度の娯楽が解禁された年に、私はテレビや音楽、ゲームの類に没頭してしまいました。
そこには、今まで味わったことのない「物語」がありました。
RPGだけに限りません。MMOの中にも、SLGやその他のジャンルの中にも、そこには胸を打つドラマがあって、
私は、何度も何度も身が震える程感動してきたものです。
MMOなんて、生きた人達が毎日、そんな物語をそれぞれ自分で生み出しているのです。
私は、そんな体験を通して、ゲームで何度も感動してきました。

皆さんは、「ゲームで感動する」というと、どのように感じられますか?

どこかの純文学や古典から得られるものに比べて、その質は低い物でしょうか?

私は、「ゲームでこんなに感動したよ」と話しても、あまり肯定的に取られなかった体験があります。
「でも、、、しょせんゲームでしょ?」という言葉も何回も聞きました。
この「物語」で揺れ動いた感情は、他の誰かの感動に比べて質の低い事なのでしょうか?

ちょっと、考えてみました。
たき火


「ゲームで感動する」
これなら、私は何も恥じることはないと思います。
でも、「ゲームでしか感動できない。」「ゲーム以外に感動するものを知らない。」これは、なんだか、ちょっと、寂しいような気がします。

逆に、「ゲームでも、感動できる」これは、なんだか素敵なことのような気がします。
要は、アンテナの広さなのです。

ゲームだけでは、ありません。
ゲームも素晴らしい作品は沢山ありますし、それ以外のメディアにも心を震わせるものは沢山あります。

信長の野望で、味方が切り開いてくれた道を潜って敵陣を落とした時も感動しますし、
FF14で、倒せなかった敵を倒した時も感動します。
1人の老歌手が、舞台の上で絶唱した時も感動しますし、
ただ自分のために奏でられた二胡の音色にも感動します。
第九の合唱の一体感には、至福を覚えますし、
とある売れないバンドの起死回生のアルバムに籠った魂は、何度聴いても私の心を揺さぶります。
万葉集なんて、日本人を1200年も楽しませてきた、エンターテイメントの大御所です。存在自体がロックです。

どの分野の感動も、決して劣るものではありません。

ゲームは10数時間、下手をしたら何10時間も費やします。
MMOなんて・・・考えるのも怖いほどです。
それだけの時間を費やして、全く感動が得られなかったとしたら、いったいそのゲームに何の魅力があるのでしょう。

私は、悪影響だろうが、何だろうが、全霊で私の心を揺さぶってくれる、魂の籠ったメディアが好きです。

それを与えてくれるなら、どんなメディアでも構いません。
私は「ゲームで『も』感動できる」広いアンテナを持った人間でいたいと思います。

↓最初は、他に何か別の事を書こうとしてたはずなのですが・・・
どこかで筆が転がって行ってしまいました。
良かったらクリックして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

コメント

[title]:感動にも

感動にも質がありますよね。悪事がばれて、なんかよくわからんけど、感動して咽び泣いた人の感動は一生わかりませんけど。それを受け入れていた人の気持ちも。オンラインゲームを軽視している集団の集まりの証拠じゃないでしょうか?駄文失礼しました。
  1. 2017/02/09(木) 23:11:02
  2. URL
  3. 素晴らしい #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

ごめんなさい。
ちょっと、事情がよくは解りません。
その方が感動されたのであれば、そこにはきっと何かがあったのでしょう。
何気ない言葉が、その方の琴線に触れたのかもしれませんね。
  1. 2017/02/10(金) 20:56:44
  2. URL
  3. 神島真生 #-
  4. [ 編集 ]

[title]:あっ

そうなんですか?ジャンヌがすきな、ようなので、逃げない人かなっと思ってたのですいません。御自分の感動を追及していってください。駄文失礼しました
  1. 2017/02/10(金) 22:28:09
  2. URL
  3. 素晴らしい #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

何かお気に障ったようでしたら申し訳ありません。
実は、お話の内容も、、なぜ逃げることになるのかもよく解っておりません。
察しが悪いお話で、大変心苦しいのですが、どうぞ、ご容赦ください。
  1. 2017/02/11(土) 14:15:13
  2. URL
  3. 神島真生 #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

相互リンクさせて頂いているもののコメントは初だった……気がしますw
ニケです!

僕は神島さんのこの考え方好きです。

僕なりの捉え方になってはしまいますが僕が常日頃から心に持ち続け、そして僕のブログで発信し続けている事と同じ事、または近い事を仰ってるのかなって。

「ゲームは悪い文化」「ゲームをしてるとダメな大人になる」
直接的にも間接的にも聞いたことがあります。
どんな事にも良い側面、悪い側面はあると思うので「ゲームは悪」っていうのは本当は間違ってると思うんですけどねw
「世間の大きな意見に従った方が楽、そこまでゲームが好きな訳でもないし…」
という意識がどこかにあるが故にそういう結論に至ってしまう人もいるのかもしれませんね。

長文を書く癖がついてるのでこれ以上書くとまとまらなくなっちゃいますねw
のでちゃんと〆てから終わります!

僕はこの考え方好きです。
ゲームも、それ以外で僕の心を震わせてくれるものも大好きです。
  1. 2017/02/12(日) 03:01:45
  2. URL
  3. ニケ #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

ニケさんこんばんは^^
ありがとうございます。
せっかく色々な文化を楽しめる環境にあるのですから、先入観でその楽しみを拒否してしまうのも寂しいですよね^^
全部、は勿論無理ですが、出来るだけたくさんの楽しい事を積極的に体験してみたいと思います。
ニケさんの所にもまたこっそり立ち寄らせて頂きますので、その時はよろしくお願いいたします^^
  1. 2017/02/13(月) 18:06:51
  2. URL
  3. 神島真生 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kamisimamanao.blog.fc2.com/tb.php/375-3b5f4419
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

# プロフィール

神島真生

Author:神島真生
信長の野望Onlineで遊んでいます。
あと、歴史、特にフランスのジャンヌ・ダルクがとても好きです。
フランス旅行の日記も書き始めました。
よろしければお立ち寄りください。

# ジャンヌ・ダルクを巡る旅

# 【FF14】残念脱落レガシーのFF復帰日記

# ランキングに登録してみました。

よろしければ投票をお願い致します。

# FF14のランキングにも参加してみました

# 最新記事

# 宇宙兄弟ALSプロジェクト

難病のALSの治療方法を見つけるための活動だそうです。 ゲームの合間に是非ご覧ください

# カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

# ご来場ありがとうございました。

ご訪問頂いた方:
現在のお客様 :

# にほんブログ村

信長の野望Onlineについての楽しい記事がたくさんあります。

# 旅行ブログ

色んな所に旅行に行かれている方々のブログです。 とても皆いきいきと楽しんでいます。

# メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

# 信onリーダー

# ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

# 検索フォーム

# 著作物の配信、掲載および転載について

◎『信長の野望 Online』の著作権について 『信長の野望 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。 このWebサイトに掲載している『信長の野望 Online』の著作物は、『信長の野望 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『信長の野望 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。

◎ファイナルファンタジーXIVの著作権について 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。 Copyright (C) 2010 - 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved