FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【FF14】狼サーバーで暴走する危険なリスペクト(前編)

それは、4月末のある「約束」から始まりました。

集合

「また、一緒に遊びましょうね!」

私達は、再会を信じて約束し、世界線を越えた出会いを喜びました。
しかし、その半月後・・・

ま「姉が線を引いてくれました。ワープがある...w」

意味不明の言葉を残して、あみだくじでその人、「リアルの出来事をエオルゼアで再現したら」のまくらこさんはフェンリルサーバーにお引越しをされました。

これは「またまくらこさんと遊びたい」そんな純粋な気持ちから、まくらこさんを追いかけて、純粋な気持ちが暴走した、とある光の戦士の物語です。







私は、その日、フェンリルサーバーに降り立っていました。
暗雲

暗雲とか立ち込めています。
名前はJeanne D'arcが使えず、Jeanne Dearcという名前にしました。
幾つかある、ジャンヌ・ダルクの綴りの1つです。

まずは、ワールド検索です。
まくらこさんがいらっしゃらなくては始まりません。
・・・・どうやら、ご不在の様子です。
そうですね。せっかくインしたのですし、軽く狩りでもしながらお待ちしましょう。

しかし、序盤の若葉マークのキャラクターには、ひとつの問題が立ち上がります。
それは、「序盤の装備の見た目があんまりな問題」です。

例えば、こんなのとか。
こんなとか

こんな感じとか
こんなんとか

この配色には、もはや悪意すら感じます。
あのお洒落なまくらこさんに、リスペクトする人にお会いする時に、こんな格好で皆さんは許せますか?
私には耐えられませんでした。

そこから、私のトレーニングの日々が始まりました。
他のゲームや、メインのワールドの合間を縫って、ちょっとずつ、ちょっとずつゲームの中の私は成長していきます。
全ては、胸を張ってまくらこさんの前に現れる日の為に・・・・

走り出す


途中で心折れたり、忘れてたり、のんびりしていたりしながら、数か月後、私のクラスは斧から双剣士になっていました。
2つ目のクラスでした。
レベルは17まで上がり、めでたくビギナー装備もゲットしていました。
ばっちり

これで胸を張ってまくらこさんと遊ぶことが・・・・
んー・・・でも、ちょっと待ってください。

私は思案します。
普通に「遊びに来ましたー」でも良いのですが、少々捻りが欲しい所です。
やっぱり、どうせならサプライズを盛り込みたい、と考えました。

どうせなら、こう。
ばったり
街中でばったりと出会うような感じ。

「マーケットボードを覗いていて、ふと横を見たら、別ワールドの人がいた!」

なんでこんな所に!?みたいなびっくりが生まれるかもしれません。
何せレベルアップまでして準備したキャラクターです。
初回は慎重にやらなくては・・・

そうでないと、美味しくありません。

しかし、たった一人の人と、ばったの街中で出会う、何てことは多少狙わないとなかなかありません。
ここは作為的ですが、
ワールド検索>相手のいる場所や生きそうな場所で待ち伏せるという方法を使おう。
そう当時の私は考えてしまいました。

私はこうして、サプライズをしたいが為に、どんどん遠回りと暴走を始めました。
その行為が世間的にはどんな意味合いを持つのか、そんなことに疑問を持つことも無く、私のストーキングの日々が始まりました。

↓まくらこさん、ありがとうございました。
とても楽しかったです。また今度遊びにお伺いいたします。
もしよろしければ、クリックして頂けるととても嬉しいです。

にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。