FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンヌ・ダルク暗殺

今日は一冊の本をご紹介いたします。
藤本 ひとみ先生の小説、ジャンヌ・ダルク暗殺」です。

images[10]

作者の藤本 ひとみ先生はジャンヌ・ダルク関連の本をたくさん出されていて、「ジャンヌ・ダルクの生涯」というエッセイ本は、私の
ジャンヌ・ダルク旅行にも持って行った程、昔から大好きな先生です。

内容は、歴史上のジャンヌ・ダルクと、もう一人の娼婦ジャンヌの視点で語られる100年戦争後期の物語になります。
歴史で語られる沢山の出来事を、別の視点で書くことでそれぞれの意味合いを別の物にしています。

歴史小説というとその歴史を知らないと楽しめない、なんてイメージもありますが、この作品の娼婦ジャンヌの生き方はとても鮮烈で、歴史を知らなくても純粋に面白い小説になっていると思います。

よろしければ、是非一度お試しください^^

↓とても面白いですよ^^
もしよろしければ、クリックして頂けるととても嬉しいです。

にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。