FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お勧めの映画「ブルース・ブラザーズ2000」

古くても、良い物は良いのです。
よく聞く言葉ですが、音楽と映画は特に当てはまると思います。

今晩ご紹介するのは、「ブルース・ブラザーズ」という1980年の映画です。
BB.jpg

自分の音楽の趣味を広げたいな、と思ってた矢先にTSUTAYAでこの作品を見つけてレンタルしたのがその出会いでした。
この作品は、その欲求に映画一本で十二分に答えてくれました。

ジャンルは、ミュージカル・コメディなのでしょうか?
映画好きなら今頃説明するまでもない歴史的な作品かもしれません。

ストーリーは、刑務所を出所したばかりの主人公ジェイクが、パートナーのエルウッド・ブルースとバンドを組み、自分たちの生まれ育った孤児院を救うためにブルースのコンサートを開くというものです。

登場人物も皆当時のブルース界のビックネームで、全編を良質のブルースが彩ります。
ストーリーはコメディですが、その登場人物達のブルース愛が随所から伝わってきます。
私は、この作品に出てくる音楽の源流を辿っていくことで、今の音楽の趣味の幅を大きく広げられたと思います。

この作品の2年後、主人公の1人、ジェイク役のジョン・ベルーシは急死してしまいます。
この2人の姿がもう2度と見られない事を思いながらみると、切なくてたまりません。

1998年に、もう一人の主人公、エルウッド役のダン・エイクロイドは続編の「ブルース・ブラザーズ2000」を完成させます。
BB2000.jpg


映画の批評の中には、この続編を「前作をなぞっただけの2番煎じ」と評する人もいます。
でも、この続編こそ、ダン・エイクロイドの亡きパートナーベルーシへの思い、郷愁、ブルースへの愛、未来への希望、そういったものが全編に詰まっている気がして、私は好きです。

是非、背景を知ったうえで2作品合わせて鑑賞して頂きたい作品です。
この作品を見て、ブルースに興味が出たら、「ジョン・リー・フッカー」か「ライトニン・ホプキンス」辺りを皮切りに、フメリカを90年楽しませてきた音楽の源流を体験してみてはいかがでしょうか?

↓堅苦しくなく、本当に引き込まれて楽しめる作品だと思っています。
もしよろしければ、クリックして頂けるととても嬉しいです。

にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。