FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「いつか」という日

あの、夢のようだったジャンヌ・ダルクの軌跡を追いかける旅から、早い物で3年もの月日が流れていました。私の人生の中でもトップランクに位置する幸せな日々でした。

>>ジャンヌを巡る旅

その数日間の旅は、いつまでも私の思い出に残り続けていて、私は「いつかまたあの地に行きたい。」と思っていました。
行きたいと思っている場所は沢山ありました。
一度行った場所も、まだ見ていない場所もあります。

「いつか」を夢見て、またお金と時間の都合がつく日を待ちました。
一度、いけるかな?と思っていたタイミングがありました。
でも、あのテロがあって泣く泣く断念しました。
また、私は「いつか」を待ち続けていました。

私には、どうしても一度泊まってみたいホテルがありました。
ジャンヌ・ダルクの生まれた村、ドンレミ村のホテル「jeanne D'arc」です。
位置は、この地図の〇の中です。
ここは、ジャンヌ・ダルクの生家の2件隣りになるのです。
そして、その隣にあるのはジャンヌ・ダルクが洗礼を受け、毎日通っていた教会です。
ドンレミ村地図

こここそ、ジャンヌに一番近づける場所と言っても過言ではありません。
「いつか」きっと、ここに泊まりたい。私はずっとそう思っていました。
ホテル・ジャンヌ・ダルク

でも、その「いつか」は訪れないようです。
このホテルは営業を止めてしまったのでしょうか?
あらゆる旅行者向けのサイトから、そのホテルは姿を消してしまいました。

営業を休止してしまったのでしょうか?それとも、海外向けの予約をうけなくなってしまったのでしょうか?
どちらにしても、その「いつか」は日本に居る私には訪れなかったようです。

私は、急に動き始めていました。
「いつか」という日は、きっとやってこない日の事なのです。
「いつか」という日が、いつかやってくるというのは、それは甘美な幻想なのです。
その甘美な幻想は、たやすく人の希望を麻痺させてしまって、叶えられなかった夢を量産していくのです。

家族や、身の回りの人の助けが沢山沢山あって、私の急な渡仏は現実のものになりそうです。
どんなに感謝しても、しきれません。

私の「いつか」は2018年10月の末です。

↓ちょっと怖いですけど、とても幸せです。
もしよろしければ、クリックして頂けるととても嬉しいです。

にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

- 3 Comments

honey  

初コメながら応援します!

ジャンヌというフランスの英雄でありジャネットという一人の少女に思いを馳せていたらこちらのブログに出会いました。
私も訪れたいと思っているジャンヌが育った故郷、その2度目の訪問。
彼女が生きた土地に直接訪れるのは感慨深い事だと思います、心の底から応援?させて下さい!

追記)偶然ながらも私もff14をプレイしているので14の日記を書かれていられる事に驚きました!エオルゼアの風景は本当に綺麗ですよね。

2018/09/27 (Thu) 18:55 | EDIT | REPLY |   

神島  

honeyさん、ご来訪ありがとうございました。
旅行に行く前に、少しでも沢山の事を学んでおきたい、と調べ物と勉強の毎日です。
好きな事を追求することが、こんなに楽しい事だとは。
FF14も時々ログインしています。
エオルゼアでお会いすることがあれば、是非一緒に遊んでください^^

2018/09/28 (Fri) 00:06 | REPLY |   

honey  

ええ、その時は是非!
最近の14のストーリーは大して興味のなかった私でも本当に面白く感じているのでこちらも一見の価値ありかもしれません。

そして叶うならばジャンヌ自身への想いや彼女の人生、境遇等について思うことをお聞きしたいものです。

2018/09/28 (Fri) 08:53 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。