fc2ブログ

【LOK】残酷なルールの世界

お久しぶりです。
最近は、とあるスマートフォンのゲームに熱中しておりました。
以前にも何度かご紹介させて頂いたLord of Knights(ロードオブナイツ)というリアルタイムの戦略ゲームです。
タイトル

これは、私が時々遊んでいるゲームです。
戦闘はリアルタイムで継続し、夜間以外は基本休憩無しなので、片時も油断できません。
当然とても疲れます。ですので遊ぶのは時々開催されるイベントワールドの時としています。
このイベントの時には、参加者が2~3の陣営に分かれて配置され、とても大規模な戦闘が行われるのです。
私は、このお祭りのような感覚がとても気に入っています。

今回は2/7から2陣営に分かれて始まりました。
私はこのイベントが開催されている事に気がつくのが遅れて、1週間程遅れをとってからのスタートでした。
攻防戦

私の所属している陣営はかなり劣勢で、本拠地近くまで攻め入られていました。
当然激しい攻防が繰り広げられます。
煮詰まって
敵襲や援軍を示す矢印も飛び交っていて、じっくり見ないと見落としそうになります。

さて、そんな戦闘ですが、昨日私達の陣営の本拠地が敵に落とされてしまいました。
今回、とても興味深く感じ、筆を執ったのはその敗北ルールについてです。

その陣営の本拠地が落とされると、落とされた陣営は敗北期間という期間に入ります。
敗戦期間

そのルールが、とにかく苛烈なのです。
以下に記載してみますね。

1、負けた陣営は相手陣営に一切の攻撃禁止。
2、勝った陣営は負けた陣営を攻撃可。
3、各地に取得していた砦(資源が定期的に入手できるベース要素です。)が全て相手陣営の物に。


幾つか対人戦のゲームも体験していて耐性がついているつもりの私ですが、このルールは相当苛烈な部類に入ると思います。
普通、敗北期間とか休戦期間といったものは勝敗が決定した後、ある程度仕切りなおす為の準備期間の為に設けられていることが多いと思います。
しかし、このルールはどれも勝利者側の勢いをさらに不可逆的にするものです。
当然、1日もしないうちに負けた側の陣営は綺麗さっぱり掃討されてしまいます。
敗北後1日
この流れは加速しており、今後は各地で残党狩りが始まる事でしょう。

さらに恐ろしい事は、このゲームの期間が4/3までと定められていることです。
本拠地が落ちたから早めに終わる、という事はなさそうです。
つまり、参加者のうち半数はこれから1か月間相当厳しい時間を過ごすことになります。

ここまで理解した時に私は、これはプレイヤーを相当選ぶゲームだと思いました。
基本マイルドな対人戦のゲームが多い中、ここまでの物はなかなかありません。
しかも、重ねて驚いた点は、このLord of Knights(ロードオブナイツ)というゲームは既に7周年を迎えているという事です。

この、人を選ぶルールで7周年というのは、非常に稀有な例ではないでしょうか?
苛烈な対人戦のゲームは過去に多々ありましたが、その殆どは短命でした。
正直な所、私の脳裏を「なぜ?」とはてなマークが飛び交っています。
Lord of Knights(ロードオブナイツ)の愛好者は、よほど打たれ強いのでしょうか?
全然解りません。

・・・・解りませんと書きながらも、そんな書き物の片手間に、『そうは言っても勝ちに奢った相手に一泡吹かせてみなくては』と戦力の立て直しに奔走している自分の姿に気がつきました。
私も、立派にLord of Knights(ロードオブナイツ)の民の端くれくらいにはなれたのでしょぅか?

今後、どのような流れを迎えるのか解りませんが注意深くこの戦いを見守っていきたいと思います。
いつもでしたら「ご興味のある方はぜひ」とお勧めする所ですが、流石にこの戦況ですとお勧めできません~~
それでも負け戦に身を投じる奇特な方は、イベントワールド6のグラガルド軍にいらしてください。
大変な事になってますよ^^

↓それにしても、このルールで7周年・・・
驚きで何度もつぶやいてしまいます。
もしよろしければ、クリックして頂けるととても嬉しいです。

にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment