オンライン大三千世界(FF14と信on)と現実の世界を飛び回るブログです。FF14と信on両方の人とお友達になれたらと思います。

# 無から有を生みだす日


一応、このブログは毎日更新をマイルールとしています。



もちろんそんな事は誰にも頼まれていませんし、それほど面白みのある文章が書ける訳でもありません。

じゃあ、何故毎日更新かというと、私はとてもズボラで飽きっぽい性格をしているからです。
きっと毎日更新でなければ、このブログはあっという間に更新されないブログになっていた事と思います。

でも、そうなると困るのは記事の元です。

毎日ゲームをしている訳ではありません。
時々記事のネタのストックが出来る事があります。
でもすぐ使い果たしてしまいます。
(フランス旅行は便利なストックでした。)

ゲームをしてない時間に面白いことがあればそれを使うこともできますが、そうでもない日は大変です。

無から有を生み出さないといけません。

撮りためたスクリーンショットを眺めたり、過去記事や他の方のブログを覗いてなんとかしようと足掻きます。

それでも、なんともならない時は、、、

どうしましょう??

と、どんなに困ってるか書き連ねてみたら、それなりの文章になったので、今日も筆を置こうと思います。


↓今日もなんとかぎりぎりセーフでした。
もしよろしければ、クリックして頂けるととても嬉しいです。

にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村

# 合戦⇒宇宙兄弟

今日は信長の野望Onlineで上杉家存亡をかけた合戦があると、意気込んでいたのですが、どうやらサーバーの不具合で合戦が中止になったようです。

ちょっと肩透かしな感じがしますが、せっかくできた休養時間なので、ちょっと別の楽しみを見つけようと思って以前から気になっていた漫画の「宇宙兄弟」を借りてきました。
星空


今までアニメは見たことがあったのですが、原作を手に取ったことが無かったので、一度読みたいと思っていたのです。
とりあえず今回は15巻借りてきました。

1巻からアニメではおなじみの名言が沢山出てきて、懐かしいやら嬉しいやらでなかなか進みません。

せっかくなので今日はこのままじっくり読み耽ろうと思います。

合戦は来週に持ち越しでしょうか?
持ち越しだったら来週からまた頑張らないといけませんね。

それまでに読破したい所です。
それではみなさんも良い時間をお過ごしください^^

↓今は2巻の真ん中くらいです。
もしよろしければ、クリックして頂けるととても嬉しいです。

にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村

テーマ:日記 - ジャンル:日記

# 一生懸命活動しているどなたかから届きました。

先日ご紹介した、せりか基金のチャリティーグッズが届きました。

>> 10万人のうちの4、5人という確率


今は、私の大切なジャンヌ像にお供えしています。
せりかファンド

こういうチャリティー商品が出る度に、こういう声を聞くことがあります。

「その分のお金を寄付した方が良いんじゃない?」

チャリティー商品には原価がかかり、送料が発生します。
例えば私が3,000円出したとしても、チャリティーの原価や運営費用が差し引かれるということです。
だとしたら、寄付に回すのが正解だろう、という考え方です。
私は、寄付の窓口も知っていますし、その団体も知っています。

でも、私はチャリティーの方を選びます。
私は、こういう活動はもっと簡単に成功して良いと思います。
どんどん成功した事例が増えて、活動が大きくなり、色々な選択肢から沢山の人の協力を募る段階では無いでしょうか?

こういうチャリティーに参加したら、こういう言葉を聞くことがあります。

「偽善だ。」と

そして、その反論として、こんな言葉が叫ばれます

「やらない善より、やる善だ。」と

でも、私はもっと自分の中の善意に素直に従っていいと思います。
そんな言葉に惑わされるより、この活動を好ましく思った。
病気で苦しむ人を見て、悔しく思った。

そう感じたら、人は素直にその善意を行動に移していいと思います。

私は、このせりか基金の活動を、好ましく思いました。
そして成功して欲しいと思います。
なので素直に行動に移してみました。

今日は、この日本のどこかでとても大切にこの活動をされている方の結果がひとつ私の家に届きました。
大切なジャンヌ像と並べて大切にしようと思います。

⇒ せりか基金

↓単純に、こういうものが手元にあると嬉しくなりますよね。
もしよろしければ、クリックして頂けるととても嬉しいです。

にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村




# 10万人のうちの4、5人という確率

※今日の記事はゲームとも歴史とも旅行とも関係がありません。
でも、今日の私が最も綴りたい言葉です。
また、私の知識には多くの間違いや勘違いがあるかもしれません。
これからお話する内容は近年特に研究が進み、刻一刻と書き換わっている内容でしょうから。


150年前、フランスのある神経学者によって1つの病気に名前が付けられました。
ALSという病気です。
以来、人類は150年間この病気を治療できずにいます。

ALSというのは、10万人のうち4、5人くらいの割合で発症する病気で、難病指定されています。
そして、難病故にあまりその存在を知られていません。

ALSと診断されるのは、けっしてすぐには診断される訳ではありません。
少なくとも、私の知っている方は消去法で診断されました。

色々な病気の可能性を疑って診断し、「これでもない、これでもない。」とその他の病名を消していき、最後に残る病気がこの病気になるのです。

ALSという病名を聞くと、多くの方は「何だろう??」と思うか「どこかで聞いたような??」と思うかのどちらかが多いと思います。
もしかしたら、氷の入ったバケツを頭の上からかぶる動画を思い出すかもしれません。

そして、多くの場合、お手持ちのネット環境などで「ALS」と検索します。
そして、そこで知るこの病気の内容に愕然とします。
私も、最初そうでした。

想像してみてください。
親しい人が、ずっと呼吸困難や体調の不良を抱え、それでもずっと病名が解らないでいて、
ある日、いきなり「ALSだった」と知らされて、「何だろう」と検索します。
その恐ろしい内容を知っても、出来る事は殆どありません。

人類は、150年間この病気と闘って、勝てずにいます。

10万人に4、5人というと、少なくて、取るに足らない確率に見えるでしょうか?
でも、自分1人で考えたらその確率だとしても、家族、友人、知人、あなたの親しい人や大切な人の数をそこに計算するとどうなるでしょう?
その中の誰もこの10万のうちの4、5人に入らない確率は、そんなに低くありません。
知人の知人まで計算に入れると、この悪魔のような病気が身近にやってくる確率は、そんなに低くないのかもしれません。

人類は、150年間この病気と闘って、勝てずにいます。
近年までその原因や治療法についての研究は、残念ながらほとんど進んでいない状況でした。
でも、近年、幾つかの発見があり、初めて原因遺伝子が特定されたり、iPS細胞が発見されたり、ようやく研究に光が見えてきた状況です。
ここから先の研究も、資金が集まりさえすればもっと効率的な研究が行えることでしょう。
資金面についての活動は、以前ご紹介したクラウドファンディングなどでも続いています。

私が、なぜこのような文章を綴ったのか改めて考えてみました。
顔を知らない誰かの為と、奇麗な言葉を書きたい所ですが、やはり心の中にあるのは、この病気に対する復讐です。
そして、何もできなかった過去の自分にも悔しく思う気持ちがずっとずっと無くならないからです。

今も大したことが出来るわけではありません。
私にできるのは多少の寄付と、ちょっとだけ他の人にも伝わるように文章を綴るだけです。

最後まで、私の個人的な文章を読んで頂いてありがとうございました。
楽しい事を書くべき場であると思うのですが、今日は「世界ALSデー」という「世界中の人にALSの事を知って貰いたい」という日です。
それで思わず筆を執ってしまいました。
本来は楽しい事を書くべき場とは思うのですが。

もしご興味持って頂いた方は、是非一度この病気に関して検索してみてください。
そして、その確率が本当に低いのか、思いを巡らせて頂けたらと思います。

人類は、150年間この病気と闘って、勝てずにいます。
でも、151年目も勝てないなんて決まっていません。
私は、そう思います。

もしよろしければ、是非一度ご覧になってください。
よろしくお願いいたします。

⇒ せりか基金

↓書くべきかどうかは悩んだのですが、せっかく少しでも見に来て下さる場を持っているのだから、と書いてみました。
もしよろしければ、クリックして頂けるととても嬉しいです。

にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村




# MMOと仕様変更、あるいは現実の壁。

MMOにはどうしても付き物な物があります。

それは仕様変更というものです。


MMOは、どんどん新しいアップデートを繰り返していきます。
その結果、昨日までとても強かったスキルが凄く弱くなったり、他の職業がつよくなって、相対的に弱くなったりします。


その度に、私たちプレイヤーは右往左往します。
歓喜したり、落胆したり。

MMOにおける仕様とは、私たちの世界に取っての「現実」という単語によく似ています。

弓使いに生まれたら、近接攻撃は苦手。
どこそこの敵には、適わないから逃げるべき。

そういった仕様の壁は、私達の世界のこんな言葉に似ています。

どうせ私には、絵なんて描けやしない。
どうせ、私の文章は人の心に届かない。
男性には、女性はかけっこでは勝てない。
その病気は、治療法が無くてこれからも治すことはけっしてできない。

悲観論というのは、なぜか「現実的な物の見方」と見られやすく、しばしば高い説得力を持ちます。

でも、私はそういった現実的な悲観論というものを見ると、つい抵抗したくなってしまいます。

私は、望まない「現実」に直面した時に抵抗しない事は、自分に対する罪悪と思います。

私は、めったに見られない物、場面を見てみたいのです。
適うと思わなかった望みが、
この目で見られないと思っていた景色が、
出来ると思っていなかった事が出来る瞬間が見たいのです。

もちろん、勝てる保障も、成功する保障もありません。
また、全ての望まない事に抵抗出来る訳でもありません。

でも、自分への罪悪感くらいは少ないままでいたいと思います。


ですので、私はいつも神典で刀を振るうのです。


ただ刀が好きなだけで刀を振っている事に、最もらしい理由を付けてみました。

でも、どんな世界でも、一緒ですよね?


↓まずは、無くなったスキルをマクロやクロスバーから外して、闘い方を改めなくては!
もしよろしければ、クリックして頂けるととても嬉しいです。

にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村

# プロフィール

神島真生

Author:神島真生
信長の野望Onlineで遊んでいます。
あと、歴史、特にフランスのジャンヌ・ダルクがとても好きです。
フランス旅行の日記も書き始めました。
よろしければお立ち寄りください。

# ジャンヌ・ダルクを巡る旅

# 【FF14】残念脱落レガシーのFF復帰日記

# ランキングに登録してみました。

よろしければ投票をお願い致します。

# FF14のランキングにも参加してみました

# 最新記事

# 宇宙兄弟ALSプロジェクト

難病のALSの治療方法を見つけるための活動だそうです。 ゲームの合間に是非ご覧ください

# カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

# ご来場ありがとうございました。

ご訪問頂いた方:
現在のお客様 :

# にほんブログ村

信長の野望Onlineについての楽しい記事がたくさんあります。

# 旅行ブログ

色んな所に旅行に行かれている方々のブログです。 とても皆いきいきと楽しんでいます。

# メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

# 信onリーダー

# ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

# 検索フォーム

# 著作物の配信、掲載および転載について

◎『信長の野望 Online』の著作権について 『信長の野望 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。 このWebサイトに掲載している『信長の野望 Online』の著作物は、『信長の野望 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『信長の野望 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。

◎ファイナルファンタジーXIVの著作権について 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。 Copyright (C) 2010 - 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved